市川海老蔵の9月会見の内容は小林麻央の心境や治療法?病状や余命も

市川海老蔵さんが自身のブログ「市川海老蔵ブログbyアメーバ」にて、本日9月1日に妻・小林麻央さんのことについて会見を開くと綴りました。

小林麻央さんは乳がんを宣告され、現在、闘病生活を送られています。

そんな小林麻央さんはいったい、会見でどんな報告をなさるのでしょうか。

スポンサードリンク

9月会見の内容は?行うにあたっての心境とは

まず、今回どうして会見を行う運びとなったのでしょうか。

市川海老蔵さんのブログにはこう書かれています。

まおのきもち、

聞いた時、

私としては青天の霹靂、

目から鱗でした

が、

それを願うのなら、

と…

明日お伝えします。

というか明日 自分の言葉で伝えるべきことがあるようです。

よろしくお願いします。

引用:http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12195538340.html

と、小林麻央さん自身が何か決められたようで、そのことに海老蔵さんも目から鱗、驚いたようですね。

小林麻央さんが決意し、願われたことを伝えるということでしょう。

では、小林麻央さんが願われたこととはいったいどんなことなのか、考察してみました。

小林麻央の心境は?会見で語られる内容

小林麻央さんは2014年より乳がんにおかされ、現在も戦っています。

恐らくはその病状や治療法に関わる会見なのではないでしょうか。

というのも、小林麻央さんは今年の6月に病気のため再入院しています。

およそ2年間も闘病生活をされているのには理由があり、小林麻央さんは患部の切除手術を受けておらず、投薬治療で患部を小さくしてから最小限の部位を除去する流れで治療されているようです。

そのため治療が長引いている、というのが現状知られていることです。

ですので、会見ではこのあたりの治療法や病気についての会見なのではないでしょうか。

心境としましても、何かしらの覚悟を決めたため会見を行う、と決めたと思います。

市川海老蔵さんも目から鱗、青天の霹靂とブログに綴っているため、並々ならぬ決意を固められたのかと。

ネットでは「余命」についての会見なのではないか、と語られていますが、あまり聞きたくないものです。

2年近く闘病を続けられているし…と邪推したくなる気持ちも分からなくはないですが、本人の口から語られない限り何とも言えませんね。

まとめ

市川海老蔵さん、小林麻央さんの会見は本日行われます。

小林麻央さんが決意されたことをしっかりと見守りたいと思います。願わくば、前向きな報告であって欲しいものです。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です