女芸人日本一を決める「THE W」は、果たして盛り上がるのか!?

先日、毎年恒例のM-1グランプリ第13回大会が行われました。前評判では、和牛が優勝と予想されましたが、結果は、M-1出場資格である「芸歴15年」という規定により、出場ラストイヤーとなった「とろサーモン」が最後にまくって優勝を飾りました。第1回大会から観ている者として、近年の漫才は、技術、発想、キャラクター、その日のコンディション、そして運の強さ全てが揃っていなければ優勝出来ない、まるでオリンピック競技のような凄さを感じました。そして今年最後の大きなお笑いコンテストである女芸人日本一を決める「THE W」(12月11日、夜8時日本テレビで生放送)は、果たしてどうなるのか?
出場者を紹介しながら予想したいと思います。

はなしょー

山田花子さんのようなルックスのボケ、杵淵はなさんと、ツッコミの山田しょう子さんのコンビ。明るく激しくテンポ良くの動きとキャラクターが武器で主に学校を舞台にしたコントを得意としています。

中村涼子

愛嬌のあるルックスでレディースコミックなどに出てくる麗しいヒロインなどのキャラに扮しながら、恋愛や女ヒーロー物などのストーリーをベースに色んな女性を演じる正統派です。

牧野ステテコ

芸名に全く負けない個性的なキャラで演じるややアングラなコントがコアな層に支持されているピン芸人さんです。

ゆりやんレトリィバァ

今、若手女芸人で1番目知名度のある個性派。一度見たら忘れないルックスやフォルム、天然のようで英語が堪能な面や、動きや表現が達者な面など掴み所がない強烈な存在感を放っています。

アジアン

ふくよかで友近さんのような器用なツッコミの馬場園さんと、ブサイク弄りがきっかけでしばらく休業し、婚活をしていたツッコミの隅田さんによる実力派女漫才師。M-1決勝進出やR-1の決勝進出(馬場園さんのみ)など実績は頭一つ抜けています。

ニッチェ

小錦さんのような愛くるしいルックスの江上さんとツッコミの近藤さんのコンビ。今やあらゆる 番組でレギュラーとして活躍する器用なタレント性と、キャラを生かしたコントに定評があります。

紺野ぶるま

ローカルの女子アナやカタログのモデルに居そうな丁度良い美貌とスタイルで、下ネタをお題にした謎かけが人気のピン芸人さん。

その他

押し出しましょう子、まとばゆう、どんぐりパワーズなど。

やはり番組側としては、M-1やキングオブコントのように「新たなスター」の誕生を望んでいるのは間違いないと思いますが、この中だと実績と生放送の緊張感などでもアドリブがかませる余裕があるアジアンやゆりやんレトリィバァさんなどが相当有利な気がします。
特にアジアンの2人が全国放送でコンビとして復活した姿を見せるのは、かなりインパクトがあるのでは無いでしょうか?隅田さんの喫茶店でバイトしながら婚活していた状況を馬場園さんがイジるだけで全部空気を持って行ってしまう気がします。
しかし、やっぱり新鮮さが欲しいのは、番組側も視聴者も同じなので、無名の若手がかつてのM-1の笑い飯のように大外からまくるのが見たいですね。

個人的な予想としては、中村涼子さんが持ち味のエネルギッシュな演技力を生かしたストーリー性のあるコントをちゃんと演じれば優勝の可能性大だと思います!
ただし本当ならば、キャラクター重視のメンバーばかりじゃなく、ウメさんやAマッソのような男の芸人さんと競ってもセンスで負けない芸人さんが観たかったです!

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です