大阪府統一テストの大量欠席者の理由は原因は?チャレンジテストとはなに?

大阪府内の公立中学1、2年生を対象に実施された府統一テスト「チャレンジテスト」をめぐり、府南部の中学校の2年生が半数欠席した問題で、別の府南部の自治体にある2中学校でも大量の欠席者がいたことが16日分かったというニュースが!

半数の人が休むなんていったい何があったのでしょう?
一種のボイコット的な状態ですよね。

今回は大阪府統一テストの大量欠席者の理由は原因は?チャレンジテストとはなに??

スポンサードリンク

ニュースの詳細

 大阪府内の公立中学1、2年生を対象に実施された府統一テスト「チャレンジテスト」をめぐり、府南部の中学校の2年生が半数欠席した問題で、別の府南部の自治体にある2中学校でも大量の欠席者がいたことが16日分かった。府教育庁は他の自治体でも同様の事態がなかったか確認を進めている。

 うち1校がある地元教育委員会の説明では、対象となる2年生180人のうち、半数以上にあたる92人が欠席した。理由の大半が「体調不良」だったという。学校が、休んだ生徒に聞き取りした結果、「塾から受けなくていいと言われた」「内申が下がることがあるから休んでいいという情報があり、休んだ」という回答もあったという。

 学校側は「休んでいいと認める説明はしていない」と話しているという。欠席者のうち希望者には、放課後に統一テストと同一の問題を受けさせるという。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000034-asahi-soci

大量欠席者の理由は原因は?

今回の大量欠席者の理由は原因としては「体調不良」ということを訴えて休んだ人が多いようです・

しかしこれはもちろん嘘の理由のようですね。180人のうち、半数以上にあたる92人が体調不良で休むなんてただ事ではないですからね・・・
集団ボイコットのような感じになっていますが、生徒がここまでテストを受けなかった理由はある情報がもとになっていたようです。

それは内申が下がることがあるという塾からの情報があったそうです。
塾に行っている生徒の大半は目標としている学校への進学が目的ですからね!そんなことを言われたら休むのも当然かもしれません。

本当に大阪府統一テストは内心に関係あるの?

調べたところこの大阪府統一テストは2015年に試行実施し。2015年度は試行実施だったため内心には反映しなかったそうですが、2016年度からは反映する方向性だったようです。

どうやら塾の講師の言っていたことは本当だったようです。
このような自治体独自の統一テストを高校入試に反映ささるようなテストはこれが初のようです!

チャレンジテストとはなに??

このテストの目的としては府教委は、公立高入試を機に内申点の評価方法を、他の生徒との比較に重点を置く相対評価方式から、生徒個人が目標にどれだけ到達できたかを重視する絶対評価方式に切り替え、学校による内申点の評価基準を公平に保つために統一した客観指標が必要と判断しチャレンジテストを導入し、内申点に一定程度反映させることを決めたそうです。

どうやらこのテストは元から内申点の公表性を保つために作られたようですね。

広告

スポンサードリンク


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です