庫県川西市暴行事件の動機や集団生活の人間関係と顔画像や田口恵子容疑者も調査

兵庫県川西市で平成25年に肥後恭子さん暴行され死亡した事件がまた取り上げられています。

この事件は集団で生活していたうちの1人が暴行され死亡した事件ですが、その不可解な集団生活が注目されているようです。

今回は庫県川西市暴行事件の動機や人間関係と顔画像や田口恵子容疑者も調査ということで調べていきましょう。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

兵庫県川西市で平成25年に肥後恭子さん=当時(25)=が集団生活していた5人に暴行され死亡した事件で、神戸地検は13日、新たに逮捕された4人のうち田口恵子容疑者(32)ら3人を傷害致死罪で起訴、無職少年(17)を傷害致死の非行内容で神戸家裁に送致した。

 集団のリーダーとされる田口被告は暴力と金でメンバーを支配する一方、同様に“疑似家族”の中で起きた兵庫県尼崎市の連続変死事件とは異なり、集団を離脱しても制裁することはなかったという。集団内に他の行方不明者はおらず、兵庫県警の捜査は終結した。

 他に起訴されたのは、肥後さんの元夫の弟で、田口被告と内縁関係にある下地道嗣被告(34)と、無職少年の兄で、道嗣被告と養子縁組している下地貴(たか)慎(のり)被告(25)。
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12540128/

庫県川西市暴行事件の動機

この集団生活の目的は「収入源を増やす狙いがあったのではないか」と予想されているようです。

というのも集団のリーダーとされる田口被告は他の同居人の収入減をすべて管理し、そこから小遣いなどを支給していたそうです。
なのでこの同居人の人数が多ければ多いほど収入が多くなるということですね。

また田口被告は時にメンバーに見せしめの暴力を振るい権力を知らしめていたそうです!
今回はこの暴力が行き過ぎた結果となってしまったのではないでしょうか!

それか肥後恭子さんが集団に何かしらかの反抗をしたかですね。

先ほども言ったように集団生活では人数が多ければ多いほど田口被告の収入は増える仕組みなので殺害することにメリットはありません!
なのでやはり上記の二つが今回の動機の可能性が高そうです。

同居していた人の人間関係も調査

m_WS000239
引用:産経新聞

こちらが今回の人間関係をわかりやすくした画像ですね。
箱で囲われているのは暴行に関与した方たちのようです。

そしてリーダー格の田口恵子容疑者は被害者の肥後恭子さんの元旦那の姉弟の内縁ということです
かなり複雑な関係ですよね。

なぜ結婚をしないのかは謎ですが、そこも今回の集団生活に関係しているのかもしれません。

詳しいことが分かりましたら追記していきたいと思います。

同居人の顔画像も

顔画像などは調べてみたのですが公表されていないようです。
そのうちニュースなどで公表されれ可能性も十分にあると思いますので公表され次第追記していきます。

リーダー格とされている田口恵子容疑者についても調査

今回のリーダー格とされている田口恵子容疑者についても調査していきましょう。

田口恵子容疑者は34歳の女性で恵子容疑者と道嗣容疑者が内縁関係にあったそうです。
またリーダーとして暴力と金でメンバーを支配し集団生活の中で絶対的な権力をもっていたそうです。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です