荒木飛呂彦(ジョジョ作者)が若い!老けない理由は?自宅や嫁と子供も調査

fdsfdsagfdsgfds

ジョジョの奇妙な冒険などで知られる漫画家の荒木飛呂彦さん(56)は学術・文化部門で受賞。黒の三つぞろいスーツで笑顔でレッドカーペットを歩いて登場!

その荒木飛呂彦さんが56歳には見えない!若すぎる!ということで話題になっています。

今回は荒木飛呂彦が若いと話題に!老けない理由は?自宅や嫁と子供も調査ということで調べていきましょう。

スポンサードリンク

荒木飛呂彦のプロフィール

gfdsgfds
引用:http://www.hirosegawa-net.com/interview/new/18_01.html

  • 名前 荒木 飛呂彦(本名は利之)
  • 生誕 1960年6月7日(56歳)
  • 出身地 宮城県仙台市
  • 職業 漫画家
  • 活動期間 1980年 –
  • ジャンル 少年漫画、青年漫画、バトル漫画
  • 代表作 『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ

荒木飛呂彦さんは幼少期から「ひとりの世界」に浸るのが好きで、早くから漫画も描いていた。

漫画家として活動し始めたきっかけは、16歳の時に同い年のゆでたまごが『週刊少年ジャンプ』でデビューしたことに焦りを感じて高校3年の時に初投稿したそうです。
その後は何度か投稿を重ね、専門学校在学中の1980年(昭和55年)に「武装ポーカー」で第20回手塚賞に準入選しデビュー。

デビュー後は『魔少年ビーティー』、『バオー来訪者』などの短期連載をジャンプで行い、その後の1987年(昭和62年)に『ジョジョの奇妙な冒険』の連載を開始し大ヒットとなりました。

老けない理由は?

会見では若さの秘訣を聞かれると、東京都の水道水で毎朝、顔を洗ってますといっていたそうですが、もちろんこれも本当のようなのですが、調べてみると結構気を付けているようです。

それがこちら

  • 朝は自分で作る野菜ジュース
  • 昼は脂や糖分控えて野菜多めの食事、夕は食べない
  • ストレスを溜めないようにオフの日には趣味に没頭する
  • テレビはまず見ない(見てもニュースぐらい)
  • 夜は10時に寝て朝は5時ごろ起きる
  • 水道水で顔を洗う
  • 休みの日は趣味に没頭してストレスを解消する

どうでしょうか?
かなり気を使っているようですね!

ちょっと全部マネするのは厳しそうな気がしますが・・・
水道水で顔お洗うなんて、全然簡単ですよね。

皆さんもマネができるものだけでも真似をしてみてください!

自宅がすごい?

荒木飛呂彦さんを調べると自宅というワードが出てくるので気になって調べたら、自宅がものすごい立派なようです。

その画像がこちらです。
fdsfdsfds

どうでしょうか?
これは自宅のリビングということですが、もう超セレブの家という感じですよね!

西欧風の作りの家で、螺旋階段などあってとてもオシャレな作りになっています。
また家具もアンティークな物ばかりでかなり高そうです。

やはり超有名漫画家となれば、かなりお金もあるようですね!

嫁と子供も調査

荒木飛呂彦さんは既婚者で二女の父とのこと。

奥さんは荒木麻美さんという方です。

出会いは「友人」のお見合いに、付き添いとして同席した際、向こうの付き添いで同席していた男性の1人が、荒木さんだったようです。
その時奥さんの麻美さんの方は荒木さんにビビビと何か感じるものがあったと言います。

麻美さんの方の一目ぼれだったようですね。
そこからその場で荒木先生の電話番号をゲットし、交際がスタートし結婚まではそして、3ヶ月というスピード婚だったようです。

その後2人の子供を授かっていますが、残念ながら情報はなく詳しいことを知ることはできませんでした・・・

まとめ

どうだったでしょうか?

今回は漫画家の荒木飛呂彦さんについて調べていきました。
本当に56歳とは思えない見た目で驚きですよね!

秘訣は意外とシンプルでしたが、全部マネするのは難しそうですが、少しでも試してみるといいかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク
                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です