佐川急便のパワハラした上司の名前を調査!裁判の概要も気になる!

%e4%bd%90%e5%b7%9d

佐川急便の上司からパワハラを受けて自殺した男性(当時22)の遺族が、労働災害と認定されなかったことを不服として国を訴えた訴訟で、仙台地裁(大嶋洋志裁判長)は27日、労災と認め、遺族補償金などの支給を認める判決を言い渡した。不支給とした仙台労働基準監督署の処分を取り消した。

最近でも電通の件ががあったばかりですが、またこのようなニュース。

今回は佐川急便のパワハラした上司の名前を調査!裁判の概要も気になる!ということで調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の詳細

判決によると、男性は2010年3月、佐川急便に入社。
東北支社仙台店(現南東北支店仙台営業所)で経理などを担当していたが、11年12月にうつ病の診断を受けた。
4日後には自宅で制服姿で首をつって自殺。
遺族は12年2月に労災保険法に基づき遺族補償一時金と葬祭料の支給を仙台労基署に申請し、同年12月に不支給処分となった。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000081-asahi-soci

被害男性はエアガンで足元を撃たれたり、つばを吐きかけられたりと悪質な嫌がらせを受けていたようですね。
また上司はうつ病になったと訴えると男性に「そんなの関係ない。迷惑かけられて大変だった」といったそうです。

裁判の概要も気になる!

今回の裁判はパワハラを受けて自殺した男性(当時22)の遺族が、労働災害と認定されなかったことを不服として国を訴えた訴訟したようです。
男性は2013年に佐川急便の東北支社仙台店に入社し経理などを担当していたようです。

しかし男性は嫌がらせや暴力によりうつ病を発症、判決は一連の行為を「社会通念上認められる範囲を逸脱した暴行または嫌がらせ行為」とし、うつ病は業務上の発症と判断し判決が下されました。

仙台地裁(大嶋洋志裁判長)は27日、労災と認め、遺族補償金などの支給を認める判決を言い渡した。不支給とした仙台労働基準監督署の処分を取り消したそうです。

佐川急便の対応は?

佐川急便はこの判決に対し、事実関係を確認すると真意は濁しているようです。
いじめの問題は学校だけでもなく、社会でも起こっているのが現状、しっかりと調べて同じようなことが起こらないようにしっかりと対策をしてほしいですね。

佐川急便のパワハラした上司は誰?

まだ上司の名前などは公表されていないようですが、今回の判決を受けて事件としてみなされれば、公表されるかもしれません。
新しい情報が入りしだい、追記していきます。

被害男性のSNSには・・・

被害男性のSNSの投稿には自殺前に「色々頑張ってみたけどやっぱりダメでした。薬を飲んでも、励ましてもらっても、病気の事を訴えても理解してもらえませんでした」と投稿されていたようです。

上司への抗議なども相手にされず、精神的にもかなり追い込まれていたようですね。

上司が逮捕されることは?

今回の事件で気になる点は、自殺まで追い込んだ上司に対しての処分が何も発表されていないことです。
エアガンで足元を撃ったりというのは傷害罪になるような気もするのですがどうなのでしょう?

ネットでもこのような声は多く、佐川は事実関係を調べるとの事でしたのでその後逮捕される可能性もあるかもしれません。
一人の男性を自殺まで追い込んだのですから、十分罪になってもおかしくはないですよね。

まとめ

どうだったでしょうか?

いじめや嫌がらせは学校だけでなく会社でも後を絶ちませんね。
子供の見本となる大人がこれでは、いじめがなくなることはなさそうです。

このような悲しいニュースがなくなることを願っています。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク
                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です