古舘伊知郎の姉の古舘恵美子は癌(がん)?家族の心境も気になる【金スマ】

2016年10月28日(金) 19時56分~21時57分から放送の中居正広のキンスマスペシャル古舘伊知郎 亡き姉のために、喋ることをやめない。

フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんのが亡き姉について告白するようです。
そこで今回は古舘伊知郎の姉の古舘恵美子は癌(がん)?家族の心境も気になるなどについても調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

古舘伊知郎のプロフィール

na
引用:http://webronza.asahi.com/culture/articles/2016010800009.html

  • 本名 古舘 伊知郎(ふるだて いちろう)
  • 愛称 いっちゃん
  • 出身地 日本の旗 日本 東京都北区
  • 国籍 日本
  • 生年月日 1954年12月7日(61歳)
  • 血液型 AB型
  • 最終学歴 立教大学経済学部経営学科
  • 勤務局 フリーアナウンサー
  • 所属事務所 古舘プロジェクト
  • 職歴 元テレビ朝日アナウンサー
  • 活動期間 1977年 –

皆さんもご存じだとは思いますが、キャスターや司会者として数多くの番組に出演しているフリーアナウンサーの古舘アナウンサー。

立教大学を卒業後、1977年テレビ朝日に入社した古舘アナウンサー。
最初はプロレスの実況アナを担当し、「おーーーーーっと!」「燃える闘魂」「掟破りの逆サソリ」「名勝負数え唄」「人間山脈」「風車の理論」「エリート・雑草逆転劇」などの独特な表現は「過激実況」と呼ばれ言葉のいい回しがファンに好まれた。

1984年6月にテレビ朝日を退社後、大学時代の友人と芸能事務所「古舘プロジェクト」を設立しフリーアナウンサーに様々なバラエティーやトーク番組の視界を見事に勤め上げてきました。

報道ステーションでは12年間もキャスターを務め、アナウンサーらしからぬ意見や態度から、批判が多かったが、逆に視聴者の関心を集め、報道番組の中では高視聴率の番組に成長していきました。

古舘伊知郎の姉の古舘恵美子は癌(がん)?

そして今回の本題である姉に関してですが、古舘さんの姉は癌で亡くなっているそうです。

姉である古舘恵美子は、古舘伊知郎がアナウンサーを目指すきっかけにもなったという6歳上の姉は自分よりも話がとても上手で尊敬をしていた方の一人と語っていました。
しかし古舘恵美子さんは、37歳でがんを発病し、3回の手術と5年間の闘病生活を続けました。
当時の壮絶な闘病生活、姉の古舘恵美子さんとの約束、姉の死を振り返り、「しゃべることを辞めない」と誓った古舘伊知郎の心境を語るようです。

古舘伊知郎さんと姉の闘病生活

姉の古舘恵美子さんは、37歳で胃がんを発病。

この時すでに古舘伊知郎さんは、日テレ「おしゃれイズム」「夜のヒットスタジオ」フジテレビのF1中継など、多くの番組に出演する人気キャスター。
しかしそんな多忙の中、何度も病院に足を運び、姉である古舘恵美子さんを献身的に看病したそうです。

最後に古舘恵美子さんは「伊知郎は長生きしてね」と古舘伊知郎さんに伝えたみたいです・・

この時に古舘伊知郎さんは仕事でF1の実況でアメリカへ行くことになっており、これが最後だと覚悟をしていたみたいで、「またくるよ」と言ったそうです。
現在では医療の進化と共に癌の生存率もかなり上がってきました、しかしその当時は、癌になれば約5割は亡くなってしまう「不治の病」とされていた時代だったそうです。

しかし、発見されたがんの3回の切除手術を行ったが、そのたびに転移が見つかり、5年間の闘病生活の末に2人の子供を残して42歳で亡くなっってしまいました。

母親も癌に・・・家族の心境

その姉の闘病生活の際に、母親が毎日にように「私が変わってやりたい」とはなしていたそうです。
すると母親も姉と同じ病気になり、姉が入院している階の1階下の同じ病室に入院することになったそうです。

このとき古舘伊知郎さんは父親に「両方入院しちゃってこれから大変だよ、参ったね」と弱音を言ったそうです。

しかし父親は「伊知郎何言ってんだ。早く寿司食わなきゃ、寿司食うだろ、酒飲むだろ、ウチ帰ってサッと寝るだろ、で、朝起きるだろ。2人とも仕事いく。毎日がそうやって続くんだから。頑張んなきゃだめだよ。さ、帰ろう帰ろう」といったそうです。

古舘氏はこの時の事を「僕もちょっと元気づけられましてね、乗り越えなきゃいけないなって思いました」語っていたそうです。
父親も大事な妻と娘がこのような状態になって平気なはずはないですよね。
仕事が多忙な古舘伊知郎さんの事を考えてあえて平然とした態度で接したのではないのかなと私は思います。

しかし2012年5月28日には、母親も闘病の末に他界しているとのことです。

古舘伊知郎さんの癌への思い

古舘恵美子さんが亡くなった時期に、フジテレビ逸見政孝アナが自身の癌を記者会見で公表していました。
古舘伊知郎さんはは、姉の長い闘病生活を経験した思いからか、全く面時期もない逸見政孝アナにお悔やみの手紙を送ったそうです。

ここから2人の間に交流が生まれ、逸見アナが癌で闘病中の間、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」の司会を古舘伊知郎が代行していたようです。

家族2人を癌で亡くしていることもあり、やはりこの病気にはかなり強い特別な思いがあるようですね。

まとめ

どうだったでしょうか

古舘伊知郎アナウンサーには辛い闘病生活の過去があるようですね。
その分癌にやはり特別な思いがあるようです。

姉や母が亡くなたのはどちらも仕事の最中だったということです。
もしかしたらF1の実況をしている時や報道ステーションに出演している時、本当はかなりつらい想いで出演していたのかもしれません。

今回の事を知って古舘伊知郎さんはすごい強い人なんだなと思いますた。
これからも体には気を付けて頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です