阿久悠さんの妻、深田雄子さんとその息子さんはどんな方?

スポンサードリンク

阿久悠の妻、深田雄子さんとは?

2017年の24時間テレビのスペシャルドラマとしては前代未聞となる阿久悠さんの一代記「時代をつくった男 阿久悠物語」が放送されます。阿久悠さんと言えば作詞家としてのみならずエッセイ、恋愛小説、ミステリと多岐に渡ってその文才を発揮しました。

阿久悠さんは兵庫県の淡路島で警察官の次男として誕生し、高校は地元の淡路島にある兵庫県立州本高校を卒業しています。哲学者で京都大学教授だった木曾好能さんが同級生なので、おそらく淡路島では当時から進学校だったのでしょう。そのあと明治大学文学部へ進学し、卒業後は広告代理店に就職しています。現在は電通傘下となった宣弘社でコピーライターやCM作成に従事する傍ら、放送作家としての道を歩み始めます。

その転機に結婚した相手は職場が同じだった雄子さんです。阿久悠さんの本名は深田公之なので一般人の雄子夫人は深田雄子さんと呼称されています。その深田雄子さんとの結婚後に退職し、フリーとして放送作家を務め、阿久悠さんの才能が作詞家として一気に開花しました。

阿久悠の愛息子、深田太郎さんとは?

阿久悠さんと深田雄子さんの間に授かった一人息子が深田太郎さんです。深田太郎さんの生年月日は不詳で現在は50代、中学校まで公立学校、高校は私立男子校の寮生活、最終学歴は早稲田大学卒業と判明しています。

名だたる作詞家の中でもトップクラスに位置する阿久悠さんの愛息子である深田太郎さんも阿久悠さんと同じ音楽業界で活動しています。現在の深田太郎さんはいわゆる売れないミュージシャンですが、かつて初めて日本武道館、代々木国立競技場、幕張メッセで単独ライブを成功させたアイドル声優の椎名へきるさんの作曲を手掛けたり、父と息子の共作で作詞家である阿久悠さんと作曲家の深田太郎さんが「おおらか―北国の空の下で―」を生み出しました。

歌唱力に定評のあった本田美奈子さんが歌ったそれは十勝毎日新聞社創刊80周年の非売品でしたが、現在は阿久悠大全集にのみ収録されています。口さがない人から「不肖の息子」と呼ばれる深田太郎さんは未だ独身で、ミステリアスな部分が多いです。しかし父である阿久悠さんについて、深田太郎さんは著名人の息子だと注目されたくなかったと述懐しています。

深田太郎さんがパパと呼び慕っていた阿久悠さんは息子の命名について、外国人のようにフレンドリーに呼ばれるようと名付けたそうです。

睡眠時間が3時間という極限の生活でも厳しく優しかった父親の背中を見て育った深田太郎さんは阿久悠さんの作品について多弁に語っていますし、阿久悠さんの愛妻、深田雄子さんについて息子の深田太郎さんいわく父より母が長身だったそうです。

あまり表立っていない深田太郎さんの体格や容貌は阿久悠さんより深田雄子さんに似ています。今年の24時間テレビのテーマは告白です。さて、今は亡き阿久悠さんのどんな告白が観られるのでしょうか。阿久悠さんの愛妻、深田雄子さんや一人息子の深田太郎さんも24時間テレビに出演されるかもしれません。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です