南雲満友のwiki風プロフィール!大学や彼氏は?急上するプ女子も調査

9月27日放送のマツコの知らない世界SP【秋の2時間スペシャル】に出演する南雲満友さん。

プロレス女子が熱狂でブーム再来ということで、プロレスを愛する「プ女子」女子大生ということで出演するみたいです。
今回はそんな南雲満友さんのプロフィールや経歴!大学や名前の読み方までいろいろ調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

南雲満友って何て読む?

南雲満友「なぐもまゆ」って読むみたいですよね!
この苗字全国に17,000人程いるようです。

少ない?普通?かなり微妙な感じの数字が出てしまいましたが多くはないっていうことで・・・(笑)

南雲満友さんのwiki風プロフィールや大学は?

puzyosi
引用:https://ja-jp.facebook.com/mayuyu.nagumon

名前 南雲満友
出身 東京都板橋区
身長 153Cm
高校 シャーボーンインターナショナル(イギリス・ロンドン)
大学 慶應義塾大学

現役女子大生の南雲満友さん。
また高校はシャーボーンインターナショナルに留学していたとのことで英語はペラペラみたいです。
運動もスポーツもできるまさに文武両道!

そんな彼女がプロレスを好きになったのは理由について語っていました。

お父さんがプロレスリングのマットを作るお仕事をされていて、物心つく前からプロレスに親しんでいました。現在よりもっと男臭かった時代からずっと見てきた試合の中でも、大仁田選手の有刺鉄線電流爆破マッチが忘れられないと言います。
「プロレスの魅力は勝ち負けを超えた義理人情!」と語り、自宅のリングで特訓を積む南雲さん。
引用:http://www.joqr.co.jp/good/2015/11/1119688.html

お父さんがプロレスのマットを作る仕事をされているんですね!それで小さい頃からプロレスを見て来たとのこと。
そして自宅にリングがある!?これはかなり驚きの発言(笑)

自宅にリングで練習をしているなんてプロレスがただ好きなだけの女子は数多悔いるようですが、本物のプ女子ですね。

プロレス女子というと何となく思い浮かぶのがタレントのインリンさんです。
グラビアアイドルとして一躍有名になったインリンさんもプロレス『ハッスル』に所属し、鞭を片手に 「インリン様」の愛称で鮮烈なデビューしましたよね。

インリンのすっぴん画像や結婚相手の旦那と子供の名前が気になる!

2016.09.26

プロレス活動してる?

自宅にリングで練習をしているという南雲満友さんは大学でプロレスに関する活動も行っているみたいです。
「慶應プロレス研究会」というサークルに所属し活動しているとのこと。

2015年の慶應義塾大学祭「三田祭」では「慶應プロレス研究会」の活動として試合をしプロレスの学生選手としてデビューを果たしたみたいです。
ちなみにリングネームは「アメージング・プリンセス・マユコング」。

かなり攻撃的な名前・・・南雲満友さんの見た目とはかなりギャップがあってなんかいいですね。
ようやく自宅のリングで練習をして成果が出す時が来たって感じですかね?

本人がプロレスをしている映像などはないようですが、もしかしたら放送で流れるかもしれません!

彼氏はいる?

調べてみたのですがやはり芸能人というわけでもないのでそのような情報はありませんでした。
ただタイプの人は「イケメン」ということで意外と面食いなのかもしれませんね!まあイケメンは誰でも好きだとは思いますが・・・(笑)
また今プロレス女子の間で人気の新日本プロレスが好きなようです。

またプロレスサークルには女子は少ないようで、プロレスの話で盛り上がれる女の子は少ないと思いますよね!
サークルの中で恋愛なんて可能性は非常に高そうですよね。

プロレス女子(プ女子)が急上?その理由とは?

 

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%80%80%e4%ba%8c%e5%80%8b引用:http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni037664.html

今回も番組で取り上げられているように現在プロレスにハマる女性が多いようです。
1時期は低迷していたと言われているプロレス人気はここ数年で大幅に回復!
特に20代、30代の女性ファンが急増しているみたいで、現在では観客のおよそ3割を女性が占めているといわれています。
また団体によっては、観客の半分を女性が占めるという人気ぶりなんです。

その理由はいくつかあるようです。

プロレスラーのアイドル化!

現在は草食系男子などが増えてきている中で、強い男性に憧れをもつ女性もおおいようです。
また昔は怖くて近寄りにくい印象の多かったプロレスラーですが、SNSやブログが発達するにつれてリング以外での彼らの素顔を見ることができ親しみやすくなってきているそうです。
またオシャレなプロレスラーも多く、サイン会や撮影会などもおこなわれているようで、握手やハグ、中にはお姫様だっこをしてくれる選手まで。
お姫様抱っこなんて女の子の憧れですよね!軽々持ち上げる彼らにきゅんとする女子も多いのはないでしょうか?
まさにプロレスラーのアイドル化ですよね。

熱い友情にはまる!

基本的に女性は、男性が複数でわちゃわちゃ楽しくやっているのを見るのが好きな生き物とのこと!
男子に人気がある男って女子にも人気じゃなかったですか?

ジャニーズが基本グループが多いのもこの心理を使っているとのことで「セット売り」っていうみたいですよ。

プロレスも複数の選手がタッグを組んだりしますよね。
そしてユニットの絆。そして根底にある闘う相手ではあるけれど、興行を盛り上げようという点では志を同じくする対戦相手との絆など、男同士な絆が好きな女子は多いです。
プロレスって意外と女子がハマる要素が多いんです。

プロレスにはまる理由が少しわかった気がします。

まとめ

どうだったでしょうか?
プ女子の南雲満友さん21年間もプロレスのファンといことでプロレスへの愛は紛れもなく本物のようですね。

また現在はプロレス女子(プ女子)が増えてきているとのことでがハマる理由も少しわかったような気がします!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です