皇太子妃雅子さまの病気は双極性障害II型?適応障害の真相も調査!

雅子さまに精神科医が指摘した『双極性障害Ⅱ型』の可能性「突然、躁状態になる」とのニュースが・・・

現在、愛子様も「4週連続」で学校をご欠席されていて、当初は、愛子さまを東宮御所に残し、お出ましを続けられていた皇太子妃雅子さまでしたが、雅子さまもダウンしてしまったとのこと。
10月21日から、岩手県での『全国障害者スポーツ大会』などに臨席する予定でしたが、最近の公務や愛子さまの看病のお疲れを理由に欠席されていたようです。

雅子さまのご病気について精神科医で教育評論家の和田秀樹さんは、『適応障害』と診断されている雅子さまですが、実は『双極性障害Ⅱ型』という、軽い躁とうつ状態を繰り返す病気の一種である可能性もゼロではないとのこと。

そこで今回は雅子様の現状や双極性障害II型についてや適応障害の真相も調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

雅子さまの状態は?

最近の雅子さまは活発に活動されているそうですが、今までうつ状態だった人が40~50代になって突然、躁状態になることもあるのです。

すると、自分の子どものことも目に入らなくなるほどの“ハイテンション”に陥ることがあります。

愛子さまが雅子さまのそのような症状に引っ張られる形で活動し、お疲れをためてしまった可能性があります」
引用:https://news.nifty.com/article/magazine/12148-20161026-8367/

躁によって気分が病的に高ぶってしまい、その影響でかなり疲労がたまってしまっているようですね。
疲労によって体調を崩したりしまわないかがかなり心配になってきます。

双極性障害II型とは?適応障害の真相も調査!

双極性障害は、一般的には「躁うつ病」という名前で知られています。なんだか「うつ病」に似ていますが、両者はまったく違う病気で治療薬も異なります。
うつ病は単極性うつ病ともいい、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、眠れなくなったりといったうつ症状だけがみられますが、双極性障害はうつ状態と躁状態または軽躁状態を繰り返す病気です。
引用:http://www.smilenavigator.jp/soukyoku/about/abc/abc02_01.html

双極性障害はⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型の「躁状態(躁病エピソード)」が重症であるのに対し、「軽躁状態(軽躁病エピソード)」とうつ状態を繰り返すタイプが双極Ⅱ型障害といわれているようでうす。
精神的にかなり不安定になってしまうようですね。しかしⅡ型は生活に支障をきたすほどではないとのことです。
治療法はある?

躁状態には、有効な薬物療法がたくさんありますので、治療しさえすればたいてい良くなるとのこと。
しかし問題は、初めての躁状態の場合、本人は病気という自覚がなく治療する気が全くない場合が多いということです。

治療方法はあるが本人に治療の医師がないと方が問題になるようですね。
なのでいかに、その人に治療を受けるように促すかが大事なようです。

双極性障害、特に双極I型障害の場合は、早い段階から、予防を考えるのが大事なようです。
双極性障害には、リチウムを初めとして、ラモトリギンなど、予防に有効な薬があり、これらの薬を使い、心理・社会的な治療を受けることによって、多くの場合、かなりコントロールできます。
しかし双極Ⅱ型障害の場合は、ほとんど双極I型障害と同じ治療で良い場合や、薬物療法だけでは不十分で、精神療法が重要になるようなケースまで、色々なタイプの方が含まれていますので、治療についても、一概には言えない部分がありそうです。

まとめ

どうだったでしょうか?

双極性障害II型は難しい病気のようですね。
雅子さまもかなり疲労がたまっているようなので、一刻も早く治療に専念してほしいです。

体が一番ですので、無事に元気な姿を見せてほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です