日本だけじゃない夏インフルエンザの流行 どこから来るのか?

世界保健機関・WHOの調べでも、夏インフルエンザは様々な国で発症していることが確認されています。もう国内だけの問題ではなくなってきました。夏の時期に発症する病気は症状がどれも類似しており、混同することもよくあります。夏風邪や熱中症と似た症状もあるので、夏インフルエンザかどうか見分ける方法についても一緒に見ていきましょう。

前回記事:冬だけじゃないの?夏のインフルエンザの怖さに迫る

スポンサードリンク

どこからウィルスがきてるのか?

夏にインフルエンザが流行る理由として、旅行者によってウィルスが運ばれてきてしまい、本土の人たちに感染してしまうという可能性です。東南アジアなどの高温多湿の環境とエアコンの効いた低音低湿の室内環境は、インフルエンザが最も繁殖しやすい環境です。これらの場所を訪れた旅行者に感染し、帰国する事で国内で夏インフルエンザが流行するわけです。

夏風邪や熱中症と併発するとさらに危険

夏インフルエンザの怖さはインフルエンザだけの問題ではありません。他の病気と併発する可能性も考えられます。夏風邪や熱中症が併発すると、さらに抵抗力がなくなるので、その他の様々な身体異常を引き起こします。

腹痛や下痢、頭痛、高熱といった症状から、(通常のインフルエンザだけなら1週間で治るものの)他の病気が併発してしまうため完治が長引くといった事はよくある話です。インフルエンザの症状が出た段階で、すぐに病院を受診し早期治療を徹底してください。

病院で出来る夏インフルエンザ予防

病院を受診すると血液検査を受け、体内にインフルエンザのウィルスが存在してるかどうかを調べることができます。病気を誘発する可能性を断ち切る事が出来ます。これが予防となります。

夏風邪や熱中症との違いは急性か否かということ

夏インフルエンザの特徴として感染後急に体調不良が現れるところにあります。夏風邪や熱中症との違いは、症状が急性かどうかとゆう事でしょう。そこが他の夏期の病気と差別化できる点です。

インフルエンザかなと思った場合は、まず内科を受診し、そこを起点として医師の指示に従い耳鼻咽喉科や呼吸器内科、消化器内科といった自分の症状に合った病院を受診することがベストだと考えられます。発症後はなるべく早いタイミングで病院を受診した方が薬の効き目もよく検査も性格の結果出やすいため素早く事をすることができます。

一番の予防は体力を養うこと

インフフエンザの予防法としては、やはり体力を養うことあります。健全な精神は健全な肉体に宿るという諺がありますが丈夫な体は病気を引き寄せない強さお餅をしているのでウィルスに感染しにくいインフルエンザにかかりにくい健康内の維持が最大の予防法とあります。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です