冬だけじゃないの?夏のインフルエンザの怖さに迫る

インフルエンザと言えば冬に流行すると言う認識が一般的でしょうが、夏インフルエンザと言うのもあり、症状は冬インフルエンザと大差は無いのですが、夏のインフルエンザはマイナーなため病院各所のワクチンの不備や、治療に対する準備ができていないところも多く、発症しても病院側が対応できずに状態が悪化するということがよくあります。そう考えるなら冬インフルエンザよりもたちが悪く注意が必要です。

スポンサードリンク

夏インフルエンザの症状は?

後インフルエンザの症状として主なものを下記にリストします。

・38度以上の高熱が3日前後続く
・激しい頭痛
・ひどい下痢
・腹痛
・脱水症状
・体力の減退
・食欲不振
・全身の倦怠感
・悪寒がする
・関節痛
・胃腸不良

上記のような症状が体に現れたら、夏インフルエンザの可能性を疑いましょう。複数の症状が出ている場合、体の抵抗力落ちているとさらなる病気や症状の悪化を誘発するので、異常に気づいた時点で早期治療を行い、病院で正しい対処を行ってもらえましょう。

夏インフルエンザの特徴は?

感染症の多くは一定の期間の潜伏期間を経て発症します。感染後すぐに症状が現れるわけではなく数日経ってから体に変化が現れるわけですが、夏インフルエンザの場合は潜伏期間が1日から2日と非常に短く、感染後すぐに症状が現れるといった感覚で相違ありません。

感染経路は他の感染症と同じく、飛沫感染、接触感染のいずれかになります。せきやくしゃみ、鼻水といった体液から感染することも多く患者と接触を持った際は必ず手足を消毒してさっきまで心がけることを習慣化してください。

夏インフルエンザの原因について

もう一つの感染理由が冷房問題です。夏の感染症の多くはエアコンによる自律神経のバランスの乱れから、さまざまな病気を引き起こすことが挙げられます。夏インフルエンザも例外ではありません。

特に風量を強めに設定している方は、恐怖が原因で空気が乾燥してしまいインフルエンザがウィルスが繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。そのため体調が弱っていなくても感染する恐れはあります。またエアコンの使いすぎは夏バテや重症を招く危険があるので、体力が落ちた状態でに触れるインフルエンザウィルスが体に入り込むと、拒絶する力がなくインフルエンザに感染してしまう可能性があります。

空気が乾燥すると鼻の中や、喉にある粘膜まで乾燥してしまいウィルスやゴミをそのまま吸い込んでしまういます。そのためインフルエンザにかかりやすくなるわけです。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です