実力派声優・沢城みゆきの性格がキツイとの噂は本当なのか?

俳優や声優など演技や表現をする人というのは、跳ねっ返りのある人が多いです。
声優の沢城みゆきさんは先輩に対しても堂々と物言う人との噂が……。
実際のところどうなのかを確かめてみました。

スポンサードリンク

沢城みゆきプロフィール

1985年6月2日生まれの女性声優さんです。
1999年に「デ・ジ・キャラット」のオーディションに参加して合格したことから声優としてのキャリアをスタートしています。
現在活躍されている若手~中堅の声優さんの多くが声優に関する専門学校を経由して声優になっていることを考えると、まさに実力1本で声優になった人だといえるでしょう。
代表作を見てみると、「ルパン三世」峰不二子役を始めとして「ノーゲーム・ノーライフ」初瀬いづな役や「化物語」神原駿河役など人気アニメの主要キャラを数多く演じてきています。
沢城みゆきさんと言えば、クールで落ち着いた声をしていて大人っぽい女性を演じることが多い印象があります。
しかし快活な少女や少年も難なく演じこなしたり、年頃の女の子の微妙な心の機微も表現できたりと性格も年齢も幅広いキャラを演じることのできる実力派の声優さんなんです。
またテレビ番組やCMでもナレーションを数多くこなしているので、アニメやゲームを知らない人でも聞き覚えのある知名度を持っています。

本当にキツイ?沢城さんの性格についての実際


実力1つでここまでの実績を積み上げてきた沢城みゆきさん。
そうなると、調子に乗って天狗になったり自分ができるのになぜできないのかと詰ってしまうこともありそうですね。
しかし沢城さんの性格がキツイと言われる所以は別にあるようです。
沢城さんが出演しているラジオや、沢城さんが出演した作品のラジオを聞いていると、年上や立場が上の人でも構わずタメ口で話してしまう傾向があります。
声優さんと共演者、スタッフさんと言えばいわば仕事仲間ですよね。
そういった人に対してタメ口を使うというのは性格がキツそうと受け取られてもしかたないのかもしれません。
しかし業界内での噂に耳を傾けてみると、性格がきついどころかとてもいい人という評価が大勢のようです。
面倒見が良かったり人当たりがよかったりすることが理由としてあげられていますが、なにより仕事に対して情熱的で真摯であることに惹かれる人が多いみたいですね。
タメ口で話してしまうのも人当たりの良さがなせる技で、それを聞きつけた人が「沢城さんは性格がきつい人」と推測したのが噂の発端なのかもしれません。

まとめ

沢城みゆきさんは性格がきつい人、というより勝ち気なキャリアウーマンといったほうが性格に表現できている人でしょう。
弱肉強食の声優界において勝ち気さも必要な素養です。
今後もその強気さと実力を活かしてますます活躍してくれそうですね。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です