山下悠也容疑者の呆れる強盗動機はパチスロ!顔画像や手口と事件現場も調査

コンビニエンスストアに刃物を持って押し入り、現金約3万円を奪ったとして、大阪府警捜査1課は8日、強盗容疑などで大阪府高槻市土室町の無職、山下悠也容疑者(21)を逮捕したというニュースが・・・

3万円の為に為に強盗をするなんて本当に馬鹿らしいと思ってしまいますよね。
またその動機はパチスロを打つための金が欲しかったということで本当に呆れてしまいますね・・・

最近ではカジノ法案なども新しく制定されて、このようなギャンブル依存による犯罪が更に心配になってしまいますね。

今回は山下悠也容疑者の呆れる強盗動機はパチスロ!顔画像や手口と事件現場も調査ということで調べていきましょう。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

コンビニエンスストアに刃物を持って押し入り、現金約3万円を奪ったとして、大阪府警捜査1課は8日、強盗容疑などで大阪府高槻市土室町の無職、山下悠也容疑者(21)を逮捕した。
「大好きなパチスロをする金が欲しかった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2日未明、同市岡本町の「サークルK高槻岡本町店」で、カウンターにいた男性店長(45)に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、店長がレジから差し出した現金を奪ったとしている。店長にけがはなかった。

同課によると、同店では昨年12月下旬にも同様の手口で現金約3万4千円が奪われる強盗事件があり、山下容疑者は関与を認めているという。
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12511272/

山下悠也容疑者の顔画像も調査

調べてみたところ本人と思われるフェイスブックを発見

山下悠也容疑者と思われるフェイスブックはこちら

住んでいるところも大阪府の高槻市で年齢もかなり若そうで容疑者の21歳に近そうです。
ただ確信的な証拠はないのでもしかしたら違うかもしれませんが、名前や居住地の一致から可能性はかなり高そうです。

呆れる犯行理由!動機はパチスロのため

山下悠也容疑者の犯行動機はなんと「大好きなパチスロをする金が欲しかった」とのこと・・・

そのためにコンビニ強盗をしわずか3万円の現金を奪って犯罪者になったとのことです。
正直呆れてしまいますよね。

ギャンブル依存症とはまさにこのことなのでしょう・・・
ギャンブル依存症はまさに1つの病気で、衝動を抑えきれなくなってしまうようです。

日本でも多くの人がギャンブル依存症になっていて家庭崩壊や経済的な問題を引き起こす大きな要因になっているようです。

皆さんもパチンコ屋やパチスロをやったことある人も多いでしょう。
私もたまにやるんですが今回のような記事を見るとギャンブルって怖いなって思ってしまいますよね!

確かに買ったときは気持ちいいですし楽しいですがやっぱりほどほどがちょうどいいですね。

強盗の手口を調査

強盗の手口に関してはいたってシンプルで、包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し現金を奪ったそうです。

これだけシンプルな手口なのもおそらくパチスロをしたいという欲求から突発的にした犯行だからではないでしょうか?
またこれまでにも同じような犯行をしていたということで、1度上手く行った過去があるこそ容易に犯行を行ってしまったのでしょう。

事件現場も気になる

今回事件が起きたのはサークルK高槻岡本町店ということで、周辺の地図や画像も見ていきましょう。

こちらがその事件が起きたサークルK高槻岡本町店です。

そしてこちらが周辺の地図になります。
住宅街にあり道路沿いということで結構目立つ位置にあるのですが、おそらく自分の住んでいる近くという理由から簡単たんな理由で選んだのではと思います。

まとめ

どうだっやでしょうか?

今回はパチスロの為に強盗をしたということで呆れてしまうような理由ですよね。

それと共にギャンブル依存所などの怖さが分かりますよね!
わずか数万円を得るために強盗をしていますのですから・・・

これからカジノ法案で日本にもカジノができたら更にこのような問題が出てきてしまいそうですね。
ギャンブル依存にはやはりなにか対策などが必要になってきそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク
                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です