オスプレイ墜落(沖縄)で飛行停止に?原因は?アメリカの対応や場所も調査

アメリカ軍の輸送機オスプレイが、沖縄県名護市の浅瀬に墜落し大破したというニュースが・・・

沖縄の米軍基地はいろいろと問題視されていますが、今回のこの事故であた新たな動きがありそうですね。

今回はオスプレイ墜落(沖縄)で飛行停止に?原因は?アメリカの対応や場所も調査ということで調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

事故の詳細

13日夜、アメリカ軍の輸送機オスプレイが、沖縄県名護市の浅瀬に墜落し大破しました。

現場からおよそ2キロ離れた場所は、普段は静かな住宅街ですが、片側の車線を埋めるように警察の車両が500メートルほど続いて並んでいます。

海上保安庁などによりますと、13日午後10時ごろ、名護市のキャンプシュワブ近くの浅瀬に、オスプレイ1機が不時着しました。オスプレイは普天間基地所属で訓練中だったということです。

搭乗していた5人は救助されましたが、このうち2人がけがをして、沖縄県内にあるアメリカ軍の病院に運ばれたということです。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161214-00000047-jnn-pol

オスプレイとは?

V-22 オスプレイはアメリカ合衆国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した航空機とのこと。

usmc-120131-m-af823-086
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/V-22_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#/media/File:USMC-120131-M-AF823-086.jpg

回転翼軸の角度を変更することによる垂直/水平飛行を可能としたティルトローター方式というのを採用したことで、固定翼機とヘリコプターの特性を併せ持った機体である。
従来の方式のヘリコプターに比べ、高速かつ航続距離に勝る特性があるようです。

確かにヘリコプターと普通の飛行機が合わさったような形をしてますよね。
両方の良いところをとったもので、

墜落の原因は?

原因は現在は不明のようですが、昨日は沖縄は天気があれていたわけでもなさそうです。

それを考える、操縦のミスや機体のトラブルなどが予想されますよね。
オスプレイは製造段階でも不具合などが起きていたようです、安全面などの心配されていたようですが、今回の事件で更に不安感は高まる結果になってしまったのではないでしょうか?

アメリカの対応も気になる

アメリカ国防総省のデービス報道部長は「現在、調査中で何が起きたのか事実を知る必要がある。原因を究明し、教訓をもとに二度と起きないようにしたい」。
アメリカ国務省のカービー報道官は「アメリカ軍は安全を最優先に考えているが軍の運用には本質的にリスクをともなう」としたうえで、「事故については原因を究明し、調査が終わり次第、何が起きたか国防総省が公表する」。

アメリカ側も現在原因の調査中で、再発防止に努めるということですが、訓練を辞めるというような発言はないようですね。
取り敢えずは一刻も早い原因追求としっかりとした、原因の情報公開をお願いしたいですね。

スプレイは開発段階で事故が相次ぎ、安全性に問題があるなどとして、沖縄県が県内への配備計画は反対されていました。
また騒音なども問題視されていて。県民からの反発は大きかったので、アメリカのしっかりとした対応が要求されそうですね。

事故が起きた場所も調査

沖縄県名護市の東の海上ということです。

海の上というのが不幸中の幸いですよね。
もしこれが市街地などだったらかなり多くの被害が出ていた可能性が高いです。

飛行停止になる可能性も

稲田防衛相は深夜に在日米軍トップのマルティネス司令官と電話会談し、事故原因の究明と日本側への情報提供をもとめ、安全性が確認されるまでは飛行停止するよう申し入れた。

アメリカ側も今回の事は重く受け止めているとのことで、飛行停止の件についても即急に検討するということです。
今回は安全が確認されるまでということでしたが、本当の意志としてはオスプレイの撤回が一番でしょう。

一番はやはり日本でのオスプレイの使用が禁止されるのが一番安全ではあるとは思うのですが、今後の展開に注目ですね。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です