アモイ国際ハーフマラソンで死因や負傷者が出た原因は?対応や主催者も気になる

2016年12月11日、新華網によると、アモイ国際ハーフマラソンで10人もの負傷者が出たというニュースが・・・

今回のはハーフマラソンでふるマラソンの半分の21.0975キロメートルですね。
ハーフマラソンでもかなりの距離なので、負傷者が出たりするのはあるとは思いますが、今回は死者も二人出ているということでかなり注目されています。

今回はアモイ国際ハーフマラソンで死因や負傷者が出た原因は?対応や主催者も気になるということで調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の詳細

2016年12月11日、新華網によると、アモイ国際ハーフマラソンの組織委員会は、10日に開催されたレース中に10人の出場者が病院に搬送されたことを明らかにした。6人は当日中に退院したが、残る4人のうち2人は現在も入院中で、2人が亡くなった。

退院した6人はいずれも外傷やレースによる疲労が原因。入院中の2人も命に別条はないという。大会には医療ステーション6カ所のほか、救護所が9カ所設けられ、自動体外式除細動器(AED)を携行した医師が10人待機するなど、急病人が発生しても即座に対応できる状態だった。

治療費はすべて保険会社から支払われ、亡くなった2人についても十分な対応がとられるという。
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12404679/

死因や負傷者が出た原因は?

外傷やレースによる疲労が原因とのことです。

このマラソンはもちろん一般の方も出場することができるのですが、しっかり鍛えている方でないと完走するのも一苦労ですよね。
そしてやはり長距離のマラソンですから疲労などから、倒れてしまったり怪我してしまったりというのはあると思います。

このようになことが原因とされているようです。

トラブルへの対策はできていたの?

ニュースによると万が一の為に医療ステーション6カ所や救護所が9カ所設けられ、自動体外式除細動器(AED)を携行した医師が10人待機していたとのこと。
体調不良やけが人が出てしまった場合の準備はしっかりと行っていたとのことです。

対策はかなりしっかりしていたそうですね。

しかし対策をしていてもしっかりと処置していなければ意味がありませんよね。
今回主催者側は、準備に関してはしていたとのことですが、対応がしっかりできていたかということに関しては発言はなかったようです。

対策はしていたが、公道ができていなかったという可能性もありえるのかもしれません!

今後の対応は?

今後の対応としては負傷した8人に対しては保険会社から支払われるということです。
そして亡くなった2人に関しては、十分な対応をするということですが、詳しい内容については発表されませんでした。

亡くなった人に関しては十分なとありますが、亡くなった人には何もできないので、もちろん遺族への対応ですよね。
やはり賠償金などでの対応だとは思いますが、それで遺族の気持ちがはらされるかと言われたらどうなのかという感じはありますよね。

詳しい対応に関して更にわかりましたら追記していきたいと思います。

主催者についても気になる

中国陸上競技協会及びアモイ市役所の協力で行われている大会のようです。
しっかりとした団体のもとで行われている大会で、今回で6度目の開催のようです。

更に詳しいことなどが分かりましたら追記していきたいと思います。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です