中村ユキ(漫画家)の母の病は総合失調症?wiki風プロフィールで紹介

2016年11月30日(水) 21時00分~21時54分放送のザ!世界仰天ニュース。

今回の放送では幻覚・幻聴・私は誰かにハメられている…壊れた母の病とは?ということで現在、漫画家として活躍する中村ユキさんが特集されるようです。

現在、漫画家として活躍する中村ユキさん。
彼女が4歳の時、突然、優しかった母が壊れ始めた・・・。
夫の実家に義父母と同居して子育てする中、次第にストレスが溜まってゆく。
そして、母はある日、突然どこからか悪口が聞こえるようになってしまった。
母を突如襲ったその病の正体は、統合失調症だった。
妄想などの症状がエスカレートし、精神は崩壊し、家は戦場と化してしまった。
病気の母とともに生きた36年間の衝撃的な生活とは!
引用:http://tv.yahoo.co.jp/program/23433914/

これはかなり気になる内容ですね

今回は中村ユキ(漫画家)の母の病は総合失調症?wiki風プロフィールで紹介ということで見ていきましょう!

スポンサードリンク

中村ユキのwiki風プロフィール

fdsfds
引用:http://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/nakamura_yuki/

  • 名前 中村 ユキ
  • 生年月日 1973年
  • 出身 大阪

中村ユキさんは最初は普通に百貨店で働いていたそうです。

そして3年間勤務した百貨店を辞めて週刊少年マガジンで漫画家デビュー!
その後はアシスタント先の先輩であるタキ氏と結婚しました。

現在はフリーのマンガ家として、Webや雑誌をはじめ、体験記マンガなど、幅広いジャンルで活躍しているそうです。

母の病は総合失調症?壮絶な過去とは

調べてみたところ中村ユキさんの母は総合失調症だったようです。
中村ユキさんが4歳の時、当時27歳の母親が精神を病み、『統合失調症』と診断されたそうです。

その後は、30年以上にわたり母の看病をし続けながらイラストの執筆活動を続け、2008年に「わが家の母はビョーキです」という母の闘病と自らの看病の記録をまとめた物も出版しています。

総合失調症とは

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。

多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が強くなる急性期が出現します。
新しい薬の開発と心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できるようになりました(WHO 2001)。
以前は「精神分裂病」が正式の病名でしたが、「統合失調症」へと名称変更されました。
引用:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html

この病気は約100人に1人がなる病気のようで、意外と頻度が高い病気ですね・・・
現在ではかK額の進歩もあり、治療方法もあるようですが、当時は治すことは難しかったようです。

当時の事を中村ユキさんは、確かに大変だったけれど、母がおかしくなるのは病気のときだけで、愛情深い、私の大切な母であることは変わりないんですといっていました。

普段は普通に優しいお母さん、しかし症状が出ると幻聴、独り言、妄想の末、包丁を振りかざすなどの行為をしていたそうです。
子供の中村さんにとっては、非常にショックな出来事だったと思います・・・

そんな中村さんも看病のせいか鬱になりかけたこともあるそうです。
しかしそんな時に助けてくれたのが漫画だったとのこと。

漫画を書いている時はすべてを忘れて、集中することができたそうです。
中村さんは看病するにおいて、自分のやりたいことや夢を見失わないことが大事だといっていました。

中村さんも漫画家という夢があったから、ここまでこれたのでしょう!

中村ユキの作品も紹介!

  • わが家の母はビョーキです
  • わが家の母はビョーキです2 家族の絆編
  • うちの子に限って!? 子どもの心の病気を知る本 – 宮田雄吾との共著。
  • NHK英語でしゃべらナイト 松本アナが失敗から身につけた英会話のツボ – 松本和也との共著。
  • ぼくはアスペルガー症候群 – 松本和也との共著。
  • マンガでわかる!統合失調症
  • 夫婦三昧

自分の経験などもあり、病気に関しての著書が多いようです。
中村さんは、このような本に関して、病気の本人だけではなく、看護する周りの人たちに見てほしいと訴えていました。

それはやはり経験者として同じ立場の方たちに伝えたいことが多くあるということなのでしょう!

まとめ

どうだったでしょうか?

今回は漫画家の中村ユキさんについて調べていきました。
過去には母親の病気や自身もその介護で鬱になりかけたなど、壮絶な過去があったようですね・・・

しかし漫画があったから彼女はここまで頑張ることができ、その自分に経験をその漫画で伝えているようです!
もし同じような立場の方がいたらぜひ読んでみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございます

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です