とげ 小市民 倉永晴之の逆襲原作ネタバレやあらすじ!ドラマキャストも!

10月8日からフジテレビ系列で放送される「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」に注目が集まっています。

“ストレスフルジェットコースタードラマ”と銘打ったこの作品ですが、いったいどんなストレスが主人公に降り注ぐのでしょうか。

あらすじやキャスト(出演者)、さらには原作のネタバレを紹介していきますね。

スポンサードリンク

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のあらすじは?

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のあらすじは、

 

小市民の主人公・倉永晴之(田辺誠一)は妻と小3の息子と共に穏やかに暮らしていました。

しかし、「市民生活部市民相談室」の係長に異動してから、市民から絶えず寄せられる苦情や要望に追われ、てんてこまいな日々。

市民から寄せられるのは

  • 『間違えてゴミに出した給料を返して』
  • 『義務教育だしランドセルは市が購入してよ』

などと、とりとめのない内容でも、苦情や責任をを恐れ各部署がたらい回し。

うまく問題をこなし続けてきた主人公(倉永晴之)も我慢の限界!

クレーマーおばちゃんや上司、さらには市長にもキレまくる!

今まで耐え続けてきた小市民・倉永晴之の逆襲の行方は…?

 

といった内容です。上司と戦ったりなんてところは「半沢直樹」なんかと似たような痛快感がありますね。

現代社会のストレスと戦う内容なので、観た後はスッキリすること間違いナシですね。

では、そんな「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のキャストはどんな方が出演されるのでしょうか。

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のキャスト(出演者)は?

倉永晴之:田辺誠一

上司や市民からの板挟みになってストレスを抱えている本作の主人公。
理不尽な対応やクレームに耐え続けている小市民。

始めはストレスに耐え続ける彼でしたが、ある時を境に一転攻勢します。

そのキレっぷりは観る人の心をスカッとさせてくれますよ。

倉永裕美:西田尚美

公務員として働きながら子育てにも手を抜かない良き妻。
夫を立て、友人にも頼られる裕美ですが、彼女もまた、主人公のストレスの種になってしまいます。

白銀佳代:木の実ナナ

主人公の配属されている課にいつもクレームを入れてくるおばさん。
ラメ入りの服に赤レンズのサングラスがトレードマークの彼女は通称「赤目のばあさん」と呼ばれています。

この人もとんでもないトラブルメーカーで、作品中ずっと主人公を悩ませ続けますが、最後は…?

長田孝治:西村和彦

主人公が尊敬しているたった一人の先輩。環境課長をしており、その手腕はピカイチ。
本作の公務員は「事なかれ主義」で問題をたらいまわしにしているが、長田孝治は率先して動きます。

しかし、長田孝治には裏の顔があり、とある計画を遂行するため主人公に近づいて…。

常磐栄太:鹿賀丈史

本作の舞台「わにのくに市」の市長を務めています。
はきはきとした性格で、住民の要望を聞き、叶えてきた人気の市長。

しかしそれは表向きの顔で、主人公をドンドン追い詰めていきます。
そしてこのストレスは、もっとも主人公を困らせるという、主人公最大の敵でした。

橘絵里加:瀧内公美

他人とコミュニケーションをとろうとしない、ミニスカートと厚化粧が目立つ彼女。
主人公のことが嫌いでなにかと突っかかってきて、主人公を困らせます。

とても切れ者で、自分に何か不都合があると、それを察知して退散する癖も。

主人公を取り巻くように、次々と転がり込んでくるトラブル・ストレス。

最初は主人公がストレスを耐え続けるので、見ている側も胃がキリキリしそうな展開が続きますが、
主人公が本気を出し始めてからのスッキリ感が半端じゃありません。(笑)

そんな「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」ですが、いったいどんな展開の物語なのでしょうか。

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のネタバレ

ここからは、「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」の核心をつくネタバレを含みますので、先に展開を知りたい、という方だけ見ることをオススメします。

まず、物語のラストを言うと、主人公・倉永晴之は最後、

市長になります。(たぶん)

え、係長なのに?とか、現市長の常磐栄太はどうなったの?多分って何?とか思う方もいると思います。
ですので、順を追ってお話ししますね。

主人公の日常

まず、主人公の倉永晴之は「市民生活部市民相談室」という部署の係長を務めています。
「市民生活部市民相談室」というのは、簡単に言うと住人のお悩み相談所のようなものです。

ここで主人公は、

  • 池でワニを見たかもしれないから、実際に確かめてくれ
  • 破れていた金網で怪我をしたから、市で賠償してくれ
  • 義務教育なんだからランドセルは市で購入するべきではないのか

などという、しょうもない相談を受けながらストレスと戦っています。

ある日、海外産の水草を水路で見つけた、という住民からの報告を受けて、主人公は現地を見に行きます。

そこには実際に水草が生い茂っていて、放置しておくと水の中に棲む生き物や環境破壊で問題になるうえに、
これ以上増えたら駆除費がとんでもないことになる事を恐れた主人公は、環境課に電話を入れます。

しかし、環境課は管轄外だから、他の所に掛け合ってくれ、と問題を丸投げ。

その次に相談したところも、ここでは対処出来かねるので他で頼む、とたらいまわし。

さらにその次に相談したところでは、最初に相談した環境課なら取り扱っているだろう、と問題という名のバトンを回しきってしまうほどの人任せっぷりを受け、主人公がキレます

「最初に環境課に連絡しただろ!ほっといて問題になったらどうするつもりだ!責任者を出せ!」

とすごんだところ、環境課長・長田孝治が登場。

尊敬する長田孝治との出会い

水草問題に向き合う主人公の熱意を受け、自身のコネクションを利用し各課のエリートを集め、長田孝治とそのグループは水草駆除を行います。

ある課のひとは水草を放置した後の結末や費用をシミュレートし、
ある課のひとは施工費を抑えるために、自分のコネを使って業者に依頼、
ある課のひとは被害を未然に防いだことをメディアを用いてアピールしたりと、

主人公の周りにいた人物たちとはまるで違う主体性を持った集団、そしてそれを束ねる長田孝治を尊敬するように。

長田孝治も主人公の市を思う熱意に感激し、主人公を仲間に引き入れます。

全てがうまく回り始める、と思った矢先、最大のトラブルが起きました。

市長・常磐栄太との出会い

主人公が長田孝治グループと居酒屋に繰り出します。そこでお互いの仕事への熱意なんかを語り、主人公自身も、このグループなら市を変えられる、と喜んでいました。

宴会も盛り上がり、2次会に行くぞ、と意気揚々のみんな。

主人公は、家で待つ妻や子供のことが頭をよぎるが、少しくらいなら、と妻に帰りが遅れる旨を話し、2次会へ。

するとそこには、今作の舞台「わにのくに市」市長の常磐栄太がいました

組織のトップがいると知り粗相があってはいけないと、とたんに姿勢をただす倉永晴之。

ですが市長は「無礼講だから楽に行こう」と器の広さを見せつけます。

寛大な人だ、と少しリラックスする倉永晴之ですが、ここで市長の側近が、

「せっかくだから、市が良くなるよう、ひとりひとり市長に提案していけ」

と、想像したら恐ろしい、組織のトップへの意見提案コーナーがやってきます。

それぞれ思いのたけをオブラートに、本音と建前を交えながら提案していき、市長もためになる、と満足げ。

本作イチの暴君・常磐栄太の悪行

宴もたけなわとなり、そろそろ解散かな、というところで、市長が

「まだまだ飲みに行くぞ、お前らとっととついて来い」

と横柄な態度で3次会へと誘います。

もうこれ以上は遅くなるとマズいと思った主人公は、私は今日はこの辺で…というと、市長は怒り狂い

「部下のくせにトップの誘いを断るのか!3次会の場所の手配も出来ない役立たずが!」

と主人公をののしり、突き飛ばしました。

バランスを崩した主人公は運悪く、その場にあった消火器に頭を打ち付け、5針を縫う大けがをしてしまい、市長は暴行事件を起こしたとなればマズいと、その場にいた人を丸め込み、隠ぺいを計ります。

多勢に無勢の主人公は、為す術もなくその場は何もなかった、となりお開きになりました。

しかしここから主人公の逆襲が始まります。

一転攻勢!主人公の逆襲

大ケガ事件を受けて、仲間が誰もいないことに気付き、絶望にかられる主人公。

自宅にかかってきた電話が、物語の急転を知らせます。

「市長に怪我をさせられた件で、詳しくお話を伺いたいのですが」

事件の現場にいた誰かがリークしたことを知った主人公は、いまいちど戦うことを決意。

このリーク主こそ、主人公が尊敬する環境課長・長田孝治だったのです。

主人公&長田VS極悪市長

主人公は、長田孝治にされた入れ知恵で、市長を陥落させることを画策。

その作戦とは、主人公が今回の大ケガのことは忘れる、お互い何もなかったことにしましょう、と示談を持ちかけるふりをして、
料亭に誘いしっぽを掴むという作戦でした。

市長も、これ以上マスコミにかぎつけられたくない思いと、主人公を黙らせられるということから、まんまと作戦に引っ掛かります。

その結果、市長の起こした事件が明るみに出て人気は失墜。
人気の満了とともに、再出馬の話は立ち消えとなりました。

ここで市長への逆襲は終了します。

主人公、選挙に出る

ここからはエピローグになるのですが、権力に負けず市長の事件を暴き、一部の住民から多大な支援を得た主人公は、市を思う人物こそ市長にふさわしいと出馬を決意します。

数々のストレス・トラブルを乗り越えた主人公は最初の頃よりもだいぶ成長し、
周りにしみつけられた「事なかれ主義」を跳ね返し、ゴミ拾いなど、精力的な市への貢献活動をしながら選挙活動を行っていきます。

運命の開票時間は近い…。

というところで原作は終了しています。
主人公・倉永晴之は市長選に勝ち、市長になれたのでしょうか。

原作では、読者の想像に任せるという形でしたが、ドラマではこのあたりをはっきりさせてくれるといいですね。

各登場人物のネタバレ

物語のあらすじとしてのネタバレをお話ししましたが、まだ出てきていない登場人物もいますので、ひとりずつ説明していきます。

倉永晴之

主人公として、ストレスと戦いながら、ついに不満爆発。物おじしない毅然とした態度で、理不尽に対してキレまくります。
後輩の橘絵里加や、近所のトラブルメーカー白銀佳代、さらには妻・倉永裕美にもキレます。

自分を最後まで曲げなかった結果、市長に。(たぶん)

倉永裕美

主人公の妻。普段は良き妻として夫を支えるが、ある日、友人に相談があると持ち掛けられ、友人の家へ。

そこで相談に乗りながらワインを楽しみ、帰りにあろうことか運転をしてしまい、対人事故を起こします。
その相手はとても狡猾な人で、被害届を取り下げる代わりに退職金の半分を寄越せ、というもので…。

公務員の事故と退職金のしくみ
・妻のケースだと人をケガさせたので退職金の貰えない退職になるところを、
被害届を取り下げれば退職金が貰える退職扱いになる

フィクションにありがちなものとは違い、登場人物に人間らしさがあるのがこの作品のひとつの良さですね。
(悪いことを良いと言っているわけではありませんよ!)

白銀佳代

近所のクレーマーおばさん。

今作の事件の発端である「池にワニが出没した」という通報をした第一人者。
しかし、この出没したワニとは、白銀が自分で購入したワニだったのです。

自分で放流し、それを最初に発見したと言いふらす白銀ですが、購入先から事件がばれてしまい、その真偽を尋ねに行った主人公と取っ組み合いの争いを。

個人的に、この件が一番スッキリしました。(笑)

橘絵里加

主人公の部下で、コミュニケーションなど、面倒ごとが大嫌いな性格。

主人公と橘の勤める「市民生活部市民相談室」に問題が転がり込んできたとき、仮病を使ってそそくさと早退。

その後に男性とホテルに入る姿を目撃され、主人公と大モメ。

「めんどくさいのは大っ嫌い」という奔放な正確は、イマドキの人という感じですね。
(けっこういい年ですが…。)

長田孝治

主人公が尊敬している環境課の課長。
敏腕課長として有名で、市長からも重用されていますが、裏では市長の座を引きずりおろそうと画策する腹黒オトコです。

結果として市長を引きずりおろし勝利します。

常盤栄太

住民からの信頼も厚い、民の意見を大切にする「わにのくに」市長。

「わにのくに市」市長として3期目の大ベテランですが、市長になりたての頃の情熱はすっかり失われ、
表では簡単な住民の要望だけを受け入れ、裏では気に入らない人間を左遷したり、税金を指摘に使ったりという悪人。

最終的には主人公によって市長の座から引きずりおろされます。

といった感じですね。なんとなくのイメージはつかめたでしょうか。

まとめ

今回、「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」のあらすじやキャスト、ネタバレについて紹介してきました。

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」は、10月8日(土)の23時40分からフジテレビ系列で毎週放送されます。主人公のキレっぷりでスッキリできますので、週末の楽しみにいかがでしょうか。

最終回のネタバレ予想や、ドラマの主題歌についてまとめてみましたので、興味があればこちらもどうぞ。

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲の主題歌や最終回までのあらすじとネタバレ予想!

2016.09.05

原作も小学館文庫より発売されていますので、こちらもお勧めですよ。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です