渋い声に痺れる!ギロロやMr.ビッグの声優・中田譲治!

アニメやゲーム作品には、その作品に「なくてはならない声」が存在することがあります。
それが主役であるか脇役であるかは重要ではありません。
声優の中田譲治さんは「Fate」シリーズに必ず登場する声優さんだと知られていて、『ジョージ枠』があるとまで言われています。
『ジョージ枠』とはどういうことなのか、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

中田譲治さんプロフィール

4月22日生まれの男性声優さんで、下の名前から『ジョージ』の愛称が付いています。
代表作に「ケロロ軍曹」ギロロ伍長役や「Fate/stay night」言峰綺礼役などがあります。
アニメやゲーム作品だけではなく、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」のMr.ビッグ役を始めとした多数の洋画での吹き替えや、テレビ番組のナレーションを数多くこなしています。
生年は非公表ですが1980年代から活躍するベテランの声優さんです。

ファンも大好き中田譲治!

Type-Moonと言えば「Fate」シリーズや「月姫」シリーズなど、重厚なシナリオのゲーム作品を送り出すことで知られています。
そんなType-Moon作品に中田譲治さんは、Type-Moonが同人サークルだった時代も含めて、ほぼすべての作品に出演しているのです!
役柄も主人公から敵役まで様々で、Type-Moonファンは作品を遊びながら「ジョージはまだか!」と探すほど、ファンからも愛されています。
中田譲治さん自身もType-Moon作品を深く愛していて、Twitterなどからその好き度を伺うことができます。
ファンにとって、中の人が自分の好きな作品を好きでいてくれることはやはり嬉しいものですよね!

Type-Moonの愛の証『ジョージ枠』


中田譲治さんがType-Moon作品の常連になったのは、世界観にピッタリとハマりいい声で作品に華を添えてくれるからというのもありますが、もう一つ理由があります。
中田さんがType-Moon作品に出演するきっかけとなったのは「空の境界」と言う書籍のドラマCDでした。
この時中田さんは3つほどのセリフしかなかったのですが、まだ同人作品に過ぎなかった「空の境界」を読破した上で収録に臨んだそうなんです。
このプロ意識にしびれたType-Moonの武内崇さんと奈須きのこさんは以降、作品を出す時には必ず出演してもらうようにしているそうです。
むしろ、中田さんをどこで出すかを決めてから作品を作っているというウワサがまことしやかに囁かれています。
実際スマホゲーム「Fate/Grand Order」で声の収録をした際には、主役でもヒロインでもなく、中田さん演じる「山の翁(キングハサン)」の収録を真っ先に終えたそうですよ!

まとめ

中田譲治さんの深みのある声は、Type-Moonの制作陣だけでなくファンをもとりこにしています。
Type-Moon作品に触れる際には、中田譲治さんがどんな役柄で出演しているのかにも注目してみるとより一層楽しめるのではないでしょうか。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です