清水良太郎逮捕!二世タレントの薬物問題を振り返る!

二世タレントの犯罪が後を絶ちません。しかし最近に始まった事ではなく、過去も二世タレントによる事件は沢山ありました。芸能界で成功した親の下、裕福でありながらも周囲の見る目の嫉妬や羨望、色んな繋がりによる派手な交友関係、コネであっという間に芸能界デビュー出来てしまうアドバンテージと、だからこそ親を越えられないという心の葛藤など、人気商売の影の部分が浮き彫りになってしまうのが二世タレントの不祥事です。今回は、代表的な二世タレントの犯罪をご紹介します。

スポンサードリンク

勝新太郎さんの長男で俳優の雁龍太郎さん

先ずは昭和の名優、勝新太郎さんの長男で俳優の雁龍太郎氏(53)。
勝新さんの貫禄や面構えを感じさせる風貌ですが、実は見た目と違い穏やかで優しく、母の中村玉緒さんや姉の元女優、奥村真粧美さんと仲良く家族旅行へ行く特番などでは、無口でシャイな一面を覗かせています。そんな雁龍太郎氏は、芸能界デビュー前の1982年、姉と共に大麻密売容疑で逮捕されました。その2年後にも大麻取締法違反で再逮捕されています。父親の勝新さん自身が麻薬所持で逮捕された上に記者会見で麻薬をパンツに隠し持っていた事に触れ、「もうパンツは履かない」という迷言を残している稀代のトリックスターですから、なんとなく致し方無しという感じもします。雁氏は、映画デビューした最中にも殺陣のシーンを撮影中に相手役の方が亡くなってしまうという痛ましい事故がありデビュー前からデビュー直後とこれだけ前途多難な二世タレントはなかなか居ないでしょうね。

またまた勝新さん関連になりますが、勝新さんの実兄、名優、若山富三郎さんの息子で俳優の若山騎一郎氏(52)と妻で昭和の大スター上原謙さんの娘、仁美凌氏(36)の夫婦二人共が覚せい剤取締法違反で逮捕されています。
雁氏の従兄弟と加山雄三さんの異母兄妹の夫婦が逮捕という二世タレントのカオス状態とも言うべき2人の逮捕も衝撃的でした。ちなみに2人はスピード離婚しました。

お騒がせと言えば三田佳子さん次男の高橋裕也氏

なんといっても、二世の事件で親の仕事に大打撃を与えた象徴的な出来事といえば、三田佳子さん(76)の次男で俳優、ミュージシャンの高橋祐也氏(37)。2000年、17歳当時、三田さんの自宅地下室で未成年の友人男性と女性と共に薬物乱行パーティが開かれていた事が発覚。覚せい剤取締法違反で逮捕されました。しかしこの覚せい剤取締法での逮捕は2度目で、連日ワイドショーで親の監督責任や、小遣いを月に50万円あげていたなどの情報で三田さんがバッシングの的に。これがきっかけで毎年、高額納税者番付のトップを走っていた三田佳子さんは、しばらくTVメディアから遠ざかるハメになりました。

人気商売は、売れたら地位も名誉も大金も手にする憧れの世界ですが、1つの不祥事で転落し、周りのスタッフも居なくなり、仕事も無くなるリスクの高い商売です。そして落ち込んでいる時に悪い人達が近づいて来るというデフレスパイラルに陥ります。しかし自分の力で有名になったならまだしも、二世タレントとしていきなり最高のスタートラインに立ちながら、親の築き上げたモノまで台無しにしてしまう事ほど親不孝な事はありません。勘違いせず地道に努力して謙虚に生きて行ってほしいものです。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です