ヒートショックとは?原因や対策と予防法やヒートショックプロテインとは

fdsafdsa

2016年12月8日(木) 19時00分~20時00分 の放送の日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館。

この番組では日本人の3割しか知らないことということで、意外と知られていない知っていると便利な雑学などを紹介していくようですね。

ヒートショックとは?原因や対策と予防法やヒートショックプロテインとはなど調査!

スポンサードリンク

ヒートショックとは?


ヒートショックとは

ヒートショック(英: Heat shock)とは、医学的には細胞にとって理想的な体温より高い温度下にさらされた場合の生化学的な効果のことである。細胞が熱等のストレス条件下にさらされた際、熱ショックタンパク質(英:Heat Shock Protein、HSP)群の発現が上昇して細胞を保護する。
日本の建設業界や暖房メーカーで使われている用語では、急激な温度変化により身体が受ける影響のことであり、正式な医学用語ではない。比較的暖かいリビングからまだ冷たい浴室、脱衣室、トイレなど、温度差の大きいところへ移動すると、身体が温度変化にさらされて血圧が急変するため、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれがある。そうしたヒートショックの要因となる住環境のリスクを「暖差リスク」と呼び、特に冬は住宅内の温度差が大きくなるため、注意が必要である[1]。
日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされ、その理由は浴室と脱衣室の温度差であるとされる
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E7%8F%BE%E8%B1%A1

体の急激な温度差によっておきる現象のようですね。
これは日本人に特に多いようです。

心臓の弱い方だと特にですが、いきなり冷たい水につかるとショックで心臓マヒになるとかっていうのはよく聞きますが、冷たいところから暖かいところへというのはあまり聞かないですよね。
このヒートショックは熱い湯船につかる日本人は特に多く、家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占める程多く起こっているようで、かなり多く起こっているようですね・・・

ヒートショックの原因は

ヒートショックが起こりやすい場所で多いのは冬場のお風呂などが一番ですが、そのほかにも脱衣室、トイレなどでも多く起こっているようです。

ヒートショックは温度差が10度以上あると起きる可能性がかなり高くなるということです。

例としては

  • 入浴時に、寒い脱衣所・浴室の洗い場などで急激に血圧が上昇し、浴槽の熱いお湯で心臓にも負担がかかりさらに血圧が上昇します。
  • 浴槽につかっていると、温熱効果で血行が良くなるため急激に血圧が低下します。
  • 最後に温まった体で寒い脱衣所へ出ることで、再び急激に血圧が上昇します。
  • この様な急激な血圧の変化が負担となりヒートショックが起きることが多いようです。

    とにかく温度の差というのが体の負担になりヒートショックにつながってしまうようです。

    こんな人は注意!ヒートショックを起こしやすい人の例

    年齢

  • 65歳以上
    • 持病

  • 動脈硬化が進行(狭心症や心筋梗塞、脳出血や脳梗塞の方)
  • 肥満・メタボリックシンドローム、さらに高血圧や糖尿病
  • 不整脈がある
  • 入浴の習慣

    • 一番風呂、または深夜の入浴、または1人で入浴
    • 飲酒後や食直後、薬を飲んだ直後の入浴
    • 熱いお風呂に、首までつかり長湯する(42℃以上)

    居住空間

    • 自宅の浴室や脱衣所に暖房設備がない(20℃未満)
    • 築年数が経過した家、浴室がタイル張りで窓がある
    • 居間、浴室、トイレなどが離れている

    対策と予防法を紹介

    一番いい対策としては、やはり部屋の温度差をなくすことです!
    しかし、すべての部屋の暖房をつけておくなんてもったいないですし、お金もかかってしまいますよね。

    ただ一番ヒートショックが起きやすいお風呂場についてのはお金をかけずに予防法や対策法があるようです。

    ヒートショックを起こりにくくする対策としては

    • 飲酒後や食直後、薬を飲んだ直後の入浴は避ける。
    • 風呂の温度をぬるめ(41度)以下にする。
    • 冷え込む前の夕方など比較的気温が高い時間に入浴する。

    などで少しでもヒートショック現象が起こりやすい環境を避けることで予防することができます。

    また1番風呂を避けて、誰かが入った後にに入ると、前任者のシャワーや湯銭の温度で浴室内や脱衣所が暖かくなるのでオススメです。
    トイレなどではやはりファンヒーターなどの電気ストーブなどが点火も早くおすすめですね。

    ヒートショックプロテイン

    ヒートショックについて調べていくとヒートショックプロテインという言葉がちらほら。
    何か関係あるのかなと思い、こちらに関しても調べてみました。

    するとこのヒートショックプロテインとは風呂などのこの温度差が与える体への負担が体を元気にするというもののようです。

    ヒートショックプロテインとは

    ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです。
    引用:https://www.bathclin.co.jp/happybath/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81%E3%80%80vol-1/

    しかし名前的にも体に負担がかかりそうな感じですが、方法としては、40~42度くらいのお湯に20分ほど入浴するというだけのようです。
    ヒートショックが起こりやすいのは42度以上ということでしたので、40度に設定すればヒートショックを避けながらも体の免疫力などもアップすることができます。

    ポイントをまとめると

    • 入浴前の水分補給
    • 自分の平熱から+1.5度を目安に
    • 40~42度で20分入浴
    • 舌下温を計り、体温(深部)の上昇をチェック
    • 入浴後は冷やさない、温めすぎない
    • 2〜3日に1回でOK

    皆さんもぜひ試してみてください!

    スポンサードリンク
                              

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です