成城石井が自主回収した理由や商品名は?アレルギーの原因の乳成分の混入ルート

スーパーの成城石井は11日、アレルギーの原因となる乳成分が混入していたとして、11種類の輸入チョコレート計約4万2600個を自主回収というニュースが!

今回は成城石井が自主回収した理由や商品名は?アレルギーの原因の乳成分の混入ルートはということで調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の被害状況

4日に購入客から「子どもがアレルギー症状の腹痛を起こした」という苦情が入り判明したそうです。
現在被害状況はこの1件だけのようですが、またこれから増えていく可能性もあります。

成城石井が自主回収した理由や商品名は?

回収対象になったのは、ベルギーの工場で製造されている、先月1日から今月7日までに販売したダークチョコ
「グリーンドリーム 有機フェアトレードチョコレート」7種類と、昨年10月1日から今月7日までに販売した「バランス チョコレートバー」4種類とのことです。

こちらがグリーンドリーム 有機フェアトレードチョコレート
hgfdhgfd
引用:http://www.fukuneko-ya.org/NF/L-gamen/greendream-L.html

こちらがバランス チョコレートバー
31vsnrq-bl
引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%90%E3%83%BC%EF%BC%88%E7%A0%82%E7%B3%96%E4%B8%8D%E4%BD%BF%E7%94%A8%EF%BC%89-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF-%EF%BC%93%EF%BC%95%EF%BD%87/dp/B01613PX6A

アレルギーの原因の乳成分の混入ルート

こちらの商品はチョコレートの本場ベルギーの工場で作っていて、この2つの商品には、乳製品は使用していないということで、製造過程の途中で混入したとみられているようです。

まずこの商品には乳製品が入っていないんですね・・・
ということで、製造過程での混入で間違いなさそうですね!

製造元の会社は?

販売していたのは成城石井ですが、今回の事件で悪いのは製造元ではないでしょうか?
乳製品も入っていないようですし、製造過程で問題があった可能性が高いわけですからね!

ということで製造元の会社を調べていきたいと思います。

調べてみると、クリンゲルというベルギーにある会社のようです。
生産が外国ということもあり、調査するのもちょっと大変そうですが、即急に原因の追究をしてほしいですね。

成城石井の対応は?

成城石井は11種類の輸入チョコレート計約4万2600個を自主回収しているとのことです。
また購入者はレシートか現品がどちらかでもあれば、返金の対応をするみたいです。

ローソンでも販売していた。

今回の商品はローソンでも取り扱っていたとのことで、ローソンも同じように回収と返金の対応をしているようです。
確かにローソンでもレジ前においてすごいアピールしていたイメージがあります。

まとめ

どうだったでしょうか

最近は食品の問題が本当に後を絶ちませんね。
今回は被害も少なく、死因なども出ていないので良かったです。

今回は製造元が外国ということで、国内だけではとどまらない問題ですが、しっかりと原因の追究をしてほしいですね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です