ハロウィンのディズニーとUSJの仮装イベントを比較!開催日は?

2016年は、東京ディズニーシー・ユニバーサルスタジオジャパンの開園15周年の節目です。

どちらも様々なイベントがさらにパワーアップしてるようですが、なかでも、ハロウィンは目玉イベントが盛りだくさんで、期待せずにはいられません。

しかし、両方とも魅力的すぎてどちらに行こうか悩ましいところですよね。

そこで、迷っているアナタのために、東京ディズニーシーとユニバーサルスタジオジャパンのハロウィンイベントの特徴や入場料の違いなどをまとめてみました。

【開催期間】USJのほうが祝日開催が多い!?

東京ディズニーリゾート
ハロウィン
引用:Season-Read

東京ディズニーリゾートのハロウィン期間は9/9(金)~10/31(月)までで、パレードは毎日2回開催されます。

TDL、TDSでイベントが違うので、1日目はTDL、2日目はTDSで、なんて楽しみ方も出来る点に注目ですね。

また、9/9(金)~9/15(木)の期間であれば、ディズニーキャラにコスプレも出来ます。

ですが、いくつか注意事項もあるようなので、迷惑にならないよう、公式サイトの注意事項に目を通しておきましょう。

  • ディズニーキャラクター以外の仮装はしていない?
  • お面やゴムマスク、口元全体にひげを描いたり付けたりしていない?
  • 顔全体に肌と違う色や濃い色を塗る、傷跡を描いたり付けたりしていない?
    ※いつも外を歩いているくらいのメイクが基準。あなたらしいお顔でパークを楽しんでね!
  • 露出の多い服は着ていない?水着や下着は見えていない?
  • 危険物(ナイフ・モデルガン・花火等)は持っていない?
  • 棒や長杖などの小道具は持っていない?
    ※手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグ等)の中に入る大きさのものまではOK。
  • 裾を引きずってしまうほどの丈の長いドレスや装飾はしていない?
  • とがったものは身につけていない?
  • インラインスケート、キックボードなどのローラーのついた履物を着用していない?
  • 全身タイツは着ていない?

引用:東京ディズニーリゾート公式サイト

ユニバーサルスタジオジャパン
ハロウィン 広瀬すず 広瀬アリス
引用:ナタリー

ユニバーサルスタジオジャパンのハロウィン期間は9月10日(土)~11月6日(日)で、東京ディズニーランドよりも少し期間が長く、文化の日もハロウィン期間になっているのもポイントです。

また、こちらは昼夜でイベントが異なるので、1日で2回楽しめちゃいます。

ユニバーサルスタジオジャパンは、期間中いつでもコスプレ出来ますが、東京ディズニーリゾート同様、コスプレに関しての注意事項がありますのでしっかり規則を守って楽しみましょう。

 

  • 下半身露出、全裸、女性上半身露出、過度な下着(ふんどし、Tバック含む)、水着のみ、わいせつな表現や差別的な表現のある服装など
  • パークご入場時のエントランスでの顔認証に反応しないフルフェイスの仮装
    (フルフェイスのヘルメット、目出帽、アイスホッケーのマスク等を含む)
    ※すべてのアトラクション、ショップ、レストラン内でのフルフェイスの仮装は不可です

 

引用:ユニバーサルスタジオジャパン公式サイト

ディズニーランド・USJのイベント特徴

東京ディズニーランド
ハロウィーン
引用:東京ディズニーリゾート公式サイト

東京ディズニーランドでは、ヴィランズと呼ばれるディズニーの悪役がメインのハロウィン・パーティーを開催。

ミッキーマウスたちも、ヴィランズをイメージしたコスチュームを身にまとって参加するようです。マレフィセントをはじめとする恐ろしい悪役や、最新作「ズートピア」のアノ悪者なんかも見られるかもしれませんね。

コンセプトとしては、ファンタジーな雰囲気で、背筋が凍るような怖さという感じではないようですね。

ユニバーサルスタジオジャパン
ハロウィーン
引用:ユニバーサルスタジオジャパン公式サイト

ユニバーサルスタジオジャパンでは、「ジャパン・ホラー・エリア」という純国産の恐怖エリアが新オープン。

ストリートにはゾンビが闊歩するほか、自分もゾンビになれちゃう特殊メイクも出来るとか。

さらに、大ヒット映画、貞子のアトラクションも楽しめるようです。

東京ディズニーランドとは違い、こちらは本気の恐怖をコンセプトに、身も凍るような体験ができるみたいですね。

アトラクションによっては年齢制限もあることから、生半可な恐怖ではないことがうかがえます。

【入場チケットの値段】 年齢によっては○○のほうがオトク?

東京ディズニーリゾート(ワンデーパスポート)

    • 大人(18歳以上)  7,400円
    • 中人(12~17歳)  6,400円
    • 小人(4~11歳)   4,800円
    • シニア(65歳以上) 6,700円(シニアパスポート)

※3歳以下は無料

ユニバーサルスタジオジャパン(ワンデー・スタジオ・パス)

    • 大人(12歳以上)   7,400円
    • 子ども(4~11歳)   4,980円
    • シニア(65歳以上)  6,650円

※3歳以下は無料

比較してみると、チケットの値段にはほとんど差がありませんが、チケットの年齢区分が違うので、年齢によっては高い安いの差が出ますね。

補足ですが、東京ディズニーリゾートのワンデーパスポートではTDL、TDSのどちらかにしか入れないので注意しましょう。

アクセス

東京ディズニーリゾート

最寄駅は京葉線・舞浜駅で、電車を降りたら目の前に東京ディズニーリゾートがあるので
電車で来る場合なら、まず迷うことはなさそうです。

車を利用する場合、首都高速湾岸線「浦安出口」から約10分で到着できます。

休日は、東京方面からの首都高湾岸線(東行き)葛西出口が非常に混雑するため、浦安出口を利用するほうがストレスなく向かえそうです。

ユニバーサルスタジオジャパン

最寄駅はゆめ咲線・ユニバーサルシティ駅という駅で、駅名からしてユニバーサルスタジオジャパン感が出てるので間違いは少なそうですね(笑)

車を利用する場合、阪神高速湾岸線の北港JCTを分岐し、ユニバーサルシティ出口を出たすぐの所に駐車場があります。

どちらも車で向かう場合は混雑が予想されるのでゆとりを持って行動するほか、近くまでは車で行って、バスなどの公共の手段も使うようにするといいかもしれません。

まとめ

今回、東京ディズニーシーとユニバーサルスタジオジャパンのハロウィンイベントなどについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

どちらもコンセプトや楽しみ方が違うので、両方とも行っちゃうのもオススメです。(笑)

友達や恋人と行くのも良いですが、9月には敬老の日もあるので、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするのもいいかもしれませんね。

ほかにも、たくさんハロウィンにまつわるものを紹介しているので、こちらもどうぞ。

【知らなきゃヤバイ】2016年のハロウィンで遅れを取らないためのまとめ記事22選

2016.08.17
スポンサードリンク
                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です