声には渋さと温もりを感じるお父さん声優・藤原啓治

お父さんと一口に言っても厳しかったり優しかったり、無口だったり飲ん兵衛だったりと様々なお父さんがいます。
しかしどんなお父さんであってもどこか尊敬できる存在でもあります。
そんなお父さん役を数多く演じているのが藤原啓治さんと言う声優さんです。
どんな声優さんなのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

藤原啓治さんプロフィール

1964年10月5日生まれの男性声優さんです。
代表作に「クレヨンしんちゃん」野原ひろし役や「鋼の錬金術師」マース・ヒューズ役、「青の祓魔師」藤本獅郎役などがあります。
藤原さん節とも言える独特の渋い声で、年齢も性格も多彩な役柄を多く演じてきています。
この他ナレーターや洋画の吹き替えでも活躍していたりと、アニメやゲーム作品にとどまらない活躍を見せています。
テレビを見る人ならどこかで一度は聞いたことのある声の人、と言ってもいいでしょう。

野原ひろし役などお父さん役が多い!


藤原啓治さんといえば、やはり「クレヨンしんちゃん」野原ひろし役です。
「しんちゃんのお父さん役の声」と言えばほとんどの人が「ああ、あの声ね」となるのではないでしょうか。
息子のしんのすけとふざけたり若い女の子にデレデレして妻のみさえに怒られたりと、冴えない一面がありつつも、仕事や叱る時など決める時ににはビシっと決めるカッコイイ父親です。
藤原さんは25年以上野原ひろし役を務めており、藤原さんにとってもなかなか思い入れのある役になっているようですね。
その父親っぷりは制作スタッフにも評価されているようで、他にも多くの作品でお父さん役を演じています。
今や藤原啓治さんと言えばお父さん、と言ってもいい時代になっているのかもしれません。

休養、そして復帰へ

多くの作品で活躍を続ける藤原啓治さんですが、2016年8月に病気療養のためにお仕事を休むことを発表されました。
「クレヨンしんちゃん」野原ひろし役を始めとして、レギュラー放送・映画化作品に数多く出演しているため、10以上の作品で代役が立てられることとなりました。
病気の詳細については公表されていませんが、休養発表から1年近く経った2017年6月には仕事を徐々に再開していくことも発表されました。
藤原啓治さんの声は、出演している作品に無くてはならない声です。
無理せずゆっくりとお仕事を再開していって欲しいですね。

まとめ

お父さん役がメチャクチャ板に付いている藤原啓治さんですが、ご自身は独身なんです。
理想のお父さんが実は独身だったというのも、なんともおかしな話ですが、それだけ藤原さんの演技力が卓越しているということの証でもありますね。
歳を重ねてますます演技力に磨きがかかっていく藤原啓治さん。
今後も永く活躍されることを期待しましょう!

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です