声優の金田朋子の暴走がすごい!天然なのか、計算なのか?

声優にもかかわらずその人気さと暴走ぶりから、最近はテレビへの出演も目立つ金田朋子さん。
言動を見ていると天然でやっているのか計算でやっているのかわからないような暴走ぶりを発揮しています。
金田朋子さんが天然なのかを見てみましょう。

スポンサードリンク

プロフィール

1973年5月29日生まれの女性声優さんです。
「おしりかじり虫」おしりかじり虫18世役や「デジモンテイマーズ」クルモン役など、金切り声とも評される独特な声質でマスコットキャラクターなどを演じています。
いくつになっても少女のような声をしていることから「織田信奈の野望」蜂須賀五右衛門役や「あずまんが大王」美浜ちよ役などと言った少女の役を演じることも多いです。
声同様見た目も若々しいことから、実生活で小中学生に間違われるエピソードも多数残されています。
ある意味声も見た目も、精神年齢までもが揃った人ともいえますね。
エキセントリックな言動が目立つ金田さんですが、声優になる前は大学も出ていて、銀行に勤めた経験もあります。

金朋地獄

金田朋子さんは声優デビューから多くのラジオ番組やイベントに出演していますが、現在テレビで見ている様子と全く変わらない超ハイテンションな言動をしていました。
番組の企画やトークテーマから脱線してどこまでもマイペースで進んでいく様子は「金朋地獄」とも言われ、声優さんだけでなく、トークを本職とするお笑い芸人さんからも恐れられています。
共演している人からするとたまったものではないようですが、見ている方としてはこれがとても面白いから不思議なものですね。

やっぱり天然?


スーパーマイペースな金田朋子さんですが、その言動は意識的にしているものなのでしょうか。
金田さんは過去に声優の大先輩でもある小野坂昌也さんとWeb番組で二人きりで共演したことがあります。
小野坂さんも奔放な言動で共演者を巻き込むことで知られた人です。
しかし小野坂さんの言動は考えられて組み立てられているのだということが話を聞いているとわかります。
そんな小野坂さんですが、金田さんと共演した際にはあまりのマイペースっぷりにはタジタジとなっていました。
もしこれを計算でやっているのだとしたら大変失礼なことにもなってしまいかねません。
そう考えるとやっぱり天然でエキセントリックな言動になっているのでしょう。

まとめ

数々の伝説的な爆笑エピソードを残している金田朋子さんですが、それらはやはり天然なボケによって引き起こされたもののようです。
テレビ番組などでますます活躍されているので、今後も目が離せませんね!

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です