芸人だけど演技力が一級品!声優としての爆笑問題・田中裕二

話題作りのためアニメや吹き替えを知名度の高い芸能人が務めることもありますね。
しかしやはり本職の声優さんと比べるとちょっと物足りなく感じることが多いです。
その中でも爆笑問題の田中裕二さんは別格と高い評価を受けています。
本当にそうなのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

言わずと知れた、芸人としての田中裕二


太田光さんとの漫才コンビ「爆笑問題」のメンバーで、ツッコミ担当です。
無軌道なボケを連発する太田さんをも制御できる仕切り力を持っていて、バラエティ番組やニュース番組でもMCを務めることが多いです。
太田さんが番組をぶち壊すようなボケ方や言ってはいけないことを言おうとすることから、それを制する田中さんは常識人のいい人として見られることが多いのですが、ラジオ「爆笑問題カーボーイ」や「爆笑問題の日曜サンデー」を聞いているとどうもそんなこともないようです。
ラジオで話していたエピソードとして、田中さんがどうしても大きい方のトイレに行きたくなってしまいやむなく太田さんの家に駆け込んだ話があります。
そこで間一髪のところで間に合わず太田さんの家のトイレの蓋の上で漏らしてしまったそうです。
きちんと掃除はしたらしいのですが、普通の人ならそこでまず太田さんに謝りますよね。
田中さんはそこでどの番組で言おうかは考えたものの、その場で謝ることは考えませんでした。
このことをラジオで話した祭、太田さんは当然ショックを受けて、普通に進行はしていましたがいつものキレがありませんでした。
付き合いの長い伊集院光さんをして「爆笑問題で本当にヤバイのは田中裕二」と言わしめる理由がよくわかります。

意外に演技が一級品!?声優としての田中裕二

そんな奇人ぶりが目立つ田中裕二さんですが、声優としての仕事ぶりはどうでしょうか。
田中さんは声優としてあの世界的アニメスタジオのディズニーとピクサーが協力して制作した映画「モンスターズ・インク」でマイク・ワゾウスキの吹き替えを担当しています。
緑色で丸っこい一つ目のキャラはマスコット的でよく知られています。
田中さんはマイクのコミカルな雰囲気とぴったりな声を見事に当てています。
その違和感の無さは、エンドロールを見るまで田中さんだとわからなかったという人もいるほど!
声優さん顔負けの演技をしていることがわかります。
田中さんは「モンスターズ・インク」の続編「モンスターズ・ユニバーシティ」でも、引き続きマイク役を演じています。
映画会社も田中さんの実力を認めていると言えますね。

まとめ

声優さんや俳優さんなど演技をする人はどこかおかしい人でないと大成しないと言われているそうです。
そういう意味では田中裕二さんは素質十分!
もし田中さんが声優の世界で頑張っていたとしたら、ものすごい声優さんになっていたのかもしれません。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です