川崎市でもいじめが!原因は原発?中学校と名前や対応と担任や母親の心境も調査

福島原発事故の絡みでまたもやいじめが起きていたことが発覚しました。

この前は新潟でクラスだけではなく担任までもがそのいじめに参加していたということで大きな話題になりした。
そして今回は同じようないじめが川崎市で起こっていたようです。

今回は川崎市でもいじめが!原因は原発?中学校と名前や対応と担任や母親の心境も調査ということで早速調べていきましょう。

スポンサードリンク

事件の詳細

東京電力福島第一原発事故で福島県から川崎市に自主避難した男子生徒が、転校先の川崎市立中学校でいじめを受けたと訴えていることがわかった。生徒は昨年、中学校を卒業、高校に進学しているという。

神奈川県内への避難者を支援している弁護団によると、男子生徒は2011年、小学校6年生の時に同市内に自主避難、翌年、同市立中学校に入学した。15年3月に卒業するまでの間、同級生1人から「福島県民はばかだ」「福島県民は奴隷だ」などと言われ、「近づくな」と避けられた上、たたかれたり蹴られたりした。

男子生徒と保護者が学校に相談したが、同級生はいじめを否定。男子生徒は一時期、不登校になった。男子生徒の母親は「つらいことが多数あったが、周囲の理解のある方々の支えもあり、何とか中学を卒業した」と話しているという。

市教育委員会の調査では、避難者が現在いじめを受けていたり、指導中だったりする事案は確認されていなかった。今回の訴えについて、14日から確認作業を始めたという。
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12414556/

原因は原発?

今回のいじめの原因も原発事故で福島から引っ越してきたということでの、差別などから始まったいじめのようです。

現在わかっているいじめの内容としては「福島県民はばかだ」「福島県民は奴隷だ」「近づくな」などの罵声のような声を浴びせられ、叩くやけるなどの暴行を与えたということです。

正直考えられないというか、中学生にもなってという感じがしますが、やはり今回のようないじめはなくならないのが現状です。
転校してきた方も、何もなければずっと福島に暮らしていたと思いますし、好きで引っ越したわけではないですよね。

今回の状況でも不登校にになっていますが、ただでさえ地震や原発事故で追い込まれている方も多いと思います。
そしてそこに追い打ちをかけるようないじめというように、精神的なダメージが大きくないはずがないですよね・・・

中学校と名前は

川崎市立中学校とのことです。

川崎市立中学校の基本情報はこちら

  • 過去の名称 川崎町立女子技芸補習学校、川崎町立実科高等女学校、川崎市立川崎高等女学校
  • 国公私立の別 公立学校
  • 設置者 川崎市
  • 学区 全日制普通科・川崎市内全域
  • 設立年月日 1911年
  • 共学・別学 男女共学
  • 中高一貫教育 併設型
  • 課程 全日制課程、定時制課程
  • 単位制・学年制 学年制
  • 設置学科 (全日) 生活科学科、福祉科、普通科総合選択制(定時)普通科
  • 所在地 〒210-0806 

地図はこちら

担任や学校の対応も気になる

担任の名前は発表されていないようです。

学校側は今回のいじめについて、知らなかったということで、学校だけではなく、市教育委員会も一緒になり、14日からいじめの事実について確認していくとのことでした。

本当に知らなかったのかなどということはわかりませんが、同じような境遇の子がいじめにあうケースが何件か出ていたので、注意してみておくことは可能だったと思います。
しかし今回は新潟とは違い、中学生ということもあり、見つからないところでやっていた可能性も十分に考えられますよね。

担任や新たな学校の対応などありましたら追記していきたいとおみます。

母親の心境も調査

「つらいことが多数あったが、周囲の理解のある方々の支えもあり、何とか中学を卒業した」ということでした。
周りには敵だけではなく、しっかり理解してくれる方もいたようで、良かったです。

しかし逆にいえばこれだけの境遇の人にやさしく接することのできない方がおかしいと思うのは私だけでしょうか?
いじめは最悪死につながるケースも多いですし、自分の子供がいじめられるのは母親としてもかなりショックだと思います。

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です