人外だけじゃない!声優・大谷育江の驚きの演技力

大谷育江さんは「ポケットモンスター」ピカチュウ役を始めとした、動物役を演じることの多い声優さんです。
でも大谷さんの実力はそんなところでとどまるものではありませんでした!
大谷さんのこれまで演じてきた役を見てみましょう。

スポンサードリンク

大谷育江さんプロフィール

1965年8月18日生まれの女性声優さんです。
代表作には「ポケットモンスター」サトシのピカチュウ役、「ONE PIECE」トニートニー・チョッパー役などがあります。
ピカチュウの声は我々にも聞き馴染みのある声なのですが、実は世界中のポケモンファンも大谷さんのピカチュウボイスを聞いているのです!
大谷さんのピカチュウボイスは世界共通なんですね。
考えてみれば日本語でもなく、動物の鳴き声なので当然といえば当然なのですが、世界中から愛されるだけの実力を持っている声優さんとも言えます。

役の演じ分けがスゴイ!


先に挙げたサトシのピカチュウ役やトニートニー・チョッパー役など人外の生物を演じることの多い大谷さん。
この他にも「ポケットモンスター」だけで、コジロウのマネネ役やカスミのサニーゴ役など何役もこなされています。
同じ作品で別のキャラクターを演じるとなれば、視聴者から比較もされてしまいがちですが、大谷さんは全く違和感を与えることなく演じています。
実際、可愛いなと思った動物の声は大谷さんということも多いです。
しかし大谷さんの過去の出演作を見ていると、活躍の場はそれだけではありませんでした。

性別も年齢も問わない幅の広さ

「おジャ魔女どれみ#」では女の子の赤ん坊・はなちゃん役を、「名探偵コナン」では知的な小学生の男の子・円谷光彦役を演じています。
赤ん坊から小学生まで男女問わず演じられるというだけでもすごいですが、いずれもあのピカチュウボイスなのに、全然別人に聞こえてくるのがビックリ!
この他にも「おジャ魔女どれみ#」ではおばあさんの役まで演じていて、その幅の広さを聞くこともできます。
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」ではテンションの高い次男坊・鷹羽二郎丸役や「NARUTO-ナルト-」では主人公ナルトの騒がしい弟分木ノ葉丸役も演じています。
性格が全く違うキャラを演じることもできるんですね……。
いずれのキャラも息が長い作品の人気キャラになっているだけに、大谷さんの貢献度の高さも窺い知れます。

まとめ

大谷育江さんの人外ボイスはものすごく魅力的で、大谷さんにしか出せない声を持っています。
しかし特徴的な同じ声を使って性別も性格も、年齢までもを関係なく、様々なキャラを演じることができている大谷さんは演技力が卓越していることがわかります。
今後もあの癒やしボイスで色んなキャラを演じていって欲しいですね!

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です