道下美里の出身高校と大学や障害などの経歴!全盲の原因になった病気とは?

img_michishitamisato

今年行われるリオパラリンピックでマラソン競技に出場する道下美里選手が注目を集めています。

マラソン選手としての実力はもちろんですが、見た目が可愛いということでも人気なようです。

今回は、道下美里選手の出身学校や抱えている障がい、その原因となった病気などを紹介していきますね。

スポンサードリンク

道下美里のwiki風プロフィール!出身高校や大学は?

道下美里選手は1977年生まれで出身は山口県です。

中学2年生の頃に急に右目の視力を失ってしまいます。その頃は左目はまだ見えていたのですが、20代なかばころ「膠様滴状(こうようてきじょう)角膜ジストロフィー」にかかり、左目も見えなくなります。

そのせいで家に引きこもりがちになっていた道下美里選手ですが、「このままではいけない」と、ジョギングをするようになったのがマラソン選手としての始まりだそうです。

そんな道下美里選手の詳しいwiki風プロフィールはコチラ。

  • 名前   道下美里(みちした みさと)
  • 出身   山口県下関市
  • 生年月日 1977年1月19日(39歳)
  • 身長   144cm
  • 高校   非公表
  • 大学   調理師短大
  • 所属   三井住友海上火災保険株式会社
  • 障がい  T12視覚障がい(膠様滴状角膜ジストロフィー)

かなり愛嬌のある顔立ちなのですが39歳とは驚きですね。

ちなみに顔写真はコチラ。

道下美里 かわいい マラソン
引用:https://readyfor.jp/projects/1103

笑顔がとてもまぶしいです。

障がいの「T12」とは、障がいの重さや出場種目をクラス分けするもので、「T」がトラック競技(道下美里選手はマラソン)、「12」が障がいの種類と重さを現しています。

「12」は中度の視覚障がいです。「11」になると全盲、「13」になると弱視と言った感じですね。

道下美里が抱える病気「膠様滴状角膜ジストロフィー」って?

道下美里選手のプロフィールを紹介しましたが、彼女が抱える病気「膠様滴状角膜ジストロフィー」ってあまり聞きなれない病名ですよね。

いったいどんな症状の病気なのでしょうか。原因なども紹介していきます。

膠様滴状角膜ジストロフィーとは、

膠様滴状角膜ジストロフィは、幼少時から、
アミロイドと呼ばれる線維状の異常蛋白が
両目の角膜の表面近くに沈着します。

沈着により、乳白色で半透明の混濁の
でこぼこができるため、視力障害を伴います。

症状の進行に伴い、新生血管と呼ばれる
異常血管もできるため、さらに視力が
障害されます。
引用:http://kininarushoujou.blog74.fc2.com/blog-entry-188.html

という病気で、道下美里選手は中学生の時に右目、20代なかばの頃に左目の視力を奪われているので、もしかしたら中学生の頃には膠様滴状角膜ジストロフィーを患っていたのかもしれません。

原因は?

膠様滴状角膜ジストロフィーの原因は遺伝子変異によるものと明らかになっていますが、なぜ変異が起きるのか、病気が起きるメカニズムまでは分かっていません。

遺伝子変異という性質上、遺伝的な要素があるようですね。

自覚症状は?

膠様滴状角膜ジストロフィーの自覚症状として、目の痛みや涙が出る、強いまぶしさを感じるなどがあるようです。

目を酷使した後なんかも似たような症状が起きるので軽視しがちですが、あまり続くようでしたら検査に行くといいかもしれませんね。

治療法は?

治療法には、エキシマレーザーというレーザーを用いて沈着したでこぼこを削り取る方法や角膜移植があります。

また、ごく初期の時に限られますが、隆起物を切除して、治療用のコンタクトレンズを連続使用することで、視力低下を防ぐ方法もあるようですね。

道下美里のマラソン経歴

道下美里選手がマラソンを始めたのは2008年(31歳)と、かなり遅咲きの選手ですが、もともと800mや1500m走の競技をしていたのもあって伸びしろがとても多く、

  • 2014年 4月 IPCマラソンワールドカップ/ロンドンマラソン 2位 (3時間9分40秒)
  • 2014年 12月 防府読売マラソン(2時間59分21秒)
  • 2015年 4月 IPCマラソン世界選手権/ロンドンマラソン (3時間3分26秒)
  • 2015年 12月 防府読売マラソン(IPCの部)優勝(2時間59分32秒)
  • 2016年 2月 別府大分毎日マラソン視覚障がいの部優勝(3時間3分42秒)
  • 引用:https://www.parasapo.tokyo/athletes/27/

    と、数々の輝かしい成績を残されています。

    そんな道下美里選手ですが、パラリンピックは初めてなのでメダルが獲得できるかどうか未知数です。

    ですが、個人的にはメダルはあり得ると思っています。

    道下美里はリオパラリンピックでメダルを獲得できる?

    道下美里選手がメダルを獲得できると考える理由は、記録の伸びと歴代記録にあり、まずひとつめに道下美里選手はめきめきとタイムを縮め、3時間前後で走ることができます。

    リオパラリンピックの競技当日のコンディションによっては、自己ベストもあり得るかと。

    そしてもうひとつ、歴代のT12クラスの最高記録が去年ロシアの選手が叩きだした「2時間58分23秒」という記録です。

    道下美里選手の記録は世界記録からおよそ1分ほど離れていますが、ドーピング事件があり、世界記録を保持しているロシアの選手はリオパラリンピックに出場しないので、かなりチャンスと言えます。

    このことから道下美里選手はリオパラリンピックでメダルを獲得することができるのでは、と考えました。

    まとめ

    今回は、リオパラリンピックに出場する道下美里選手と、彼女が抱える障がい「膠様滴状角膜ジストロフィー」について紹介しました。

    リオパラリンピックは日本時間で9月8日より開催されます。放送予定などをまとめてありますので、興味があればこちらもどうぞ。

    リオパラリンピック開会式の演出の順番と日本時間は?再放送の情報も

    2016.08.19
    スポンサードリンク
                              

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です