24時間テレビマラソンで台風接近の影響は?雨や暴風で林家たい平は無事?

24時間テレビ2016のマラソンランナー・林家たい平さん。

本日8月27日から8月28日にかけてチャリティマラソンを行います。

しかし、東京には台風が近づいているということで、中止や延期の声も上がっているようです。

現に、スタート地点ではすでに雨が降っており天気が悪いという状況です。

いったい、今年のチャリティマラソンはどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

台風の規模や影響は?

現在、東京に近づいている台風10号は

  • 中心気圧945hPa
  • 最大風速45m/s

と、とてつもない大規模の台風となっています。

  • 強い      33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
  • 非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
  • 猛烈な      54m/s(105ノット)以上
  • 引用:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-3.html

風速は「非常に強い」クラス、945ヘクトパスカルというのは家屋や橋が吹き飛ばされるほどの威力です。

これだけの規模が近づいているわけですが、いつ東京に最接近するのでしょうか。

東京に最接近するのはいつ?

8月27日18時現在の予報では、29日から30日にかけて最接近するとの予報があります。

ですが、スピードが上がったり進路が変わったりと、確実にこの時間に来る、というのはわからないので注意が必要です。

今現在マラソンを走っている林家たい平さんへの影響はいかがなものでしょうか。

林家たい平マラソンの影響は?

今までで、台風が接近しながらのマラソンを行ったチャリティランナーはいません。

ですので、どういった影響があるかは未知数ですが、確実に林家たい平さんの体力を奪っていくでしょう。

というのも、雨が降れば

  • 靴に水がたまる
  • 服が雨を吸い、重くなる
  • 雨で体が冷える

と言った影響は間違いなく起きるためです。

また、暴風により、

  • ペースの乱れ
  • 体力の消耗
  • 雨風で体が冷える

ざっと考えただけでもこれほどまでの不利益な条件が挙げられます。

この中で走り切るのはとても厳しいどころか、台風が接近して暴風域に入ってしまったら命の危険にも晒されることになります。

今のところの予報では接近する前にゴールできるものの、状況に合わせた迅速な判断が必要です。

走るのは林家たい平さんだけでなく、サポートランナーの方や、カメラマン達もいるのですから、企画のために事故を起こしてほしくないものですね。

まとめ

現時点では、台風の影響を受けてはいないようですが、進路などの状況によっては予断を許さない状況です。

林家たい平さんのマラソンがスタートしていますが、現在雨が降っています。無事に企画を終えて欲しいですね。

林家たい平のマラソンコース追跡速報!目撃ツイート情報まとめ

2016.08.25

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です