IQ246のドラマ主題歌やロケ地エキストラを調査!ストーリーやキャストも気になる!

2016年10月より放送されるTBS系ドラマ「IQ246」の出演者が豪華すぎる、と話題になっています。

内容もとても面白そうなこともあって、放送前にも関わらず、2016年秋ドラマの“覇権”になるのでは、との声も上がっているようですね。

そこで今回は、ドラマ「IQ246」のあらすじや豪華キャスト、さらには主題歌なども調査してみました。

スポンサードリンク

IQ246のあらすじ紹介!ドラマタイトルの由来は?

ドラマ「IQ246」のあらすじは、

北鎌倉に法門寺(ほうもんじ)家という名家があり、その存在は時の権力者からその存在を隠されてきました。

法門寺家は様々な学問を研究してきましたが、いちばんに力を入れていたのが「犯罪研究」。

さらに長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝するという血筋で、法門寺家の89代目当主・沙羅駆(しゃらく)もIQ246を持つ天才です。

そんな沙羅駆にとって現代社会は刺激が少なすぎて、暇を持て余していました。

「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」

と、暇に耐えかねてこっそり家を抜け出したとき、沙羅駆は偶然にも事件現場を見かけてしまいます。

この1件がきっかけで、沙羅駆は警察と共に事件の渦に巻き込まれていくことに。

現代社会が生み出す数々の事件の謎は、IQ246の沙羅駆の暇を埋められるものなのでしょうか…。

頭脳明晰な主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)が膨大な知識を用いて、様々な謎を解いていく、というストーリーのようですね。

警察ではない主人公が、自身の知識を使って謎を解いていくというのは、どこか「ガリレオ」を思い出させますね。

ガリレオ:東野圭吾さん作の小説を原作としたドラマ。大学の准教授の湯川学(福山雅治)が刑事の内海薫(柴咲コウ)と共に事件を解決する。

ただ「ガリレオ」とひとつ違うのは、主人公の知能がぶっちぎりに凄い所です。(ガリレオは作中で言及されていませんが)

主人公・法門寺沙羅駆のIQは246と、ギネスに認定されている最も高いIQを持つ人でも228と、とんでもないIQを持っているんです。

最も高いIQを持つ人:マリリン・ボス・サバント(アメリカの作家。ギネスで「最も高いIQ」を有すると認定。IQ228。)

この法門寺沙羅駆がいったいどんな事件を解決していくのでしょうね。

「IQ246」というドラマタイトルの由来も主人公のIQから来ているようです。

「IQ246」の登場人物(キャスト)紹介!

法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく):織田裕二

長男だけに「IQ246」という能力が代々遺伝する「法門寺家」の長男で89代目当主。

その能力を恐れられ、800年近く時代の権力者から北鎌倉に閉じ込められていた。

常に暇を持て余し、自らが解くに値する“美しい事件”を求めて各地を放浪。

口癖は、「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」

和藤奏子(わとう そうこ):土屋太鳳

正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。

仕事も恋愛も「猪突猛進」なまっすぐな性格だが、流行にも乗り遅れたくないという今どきの娘っぽい一面も。

男女問わず惚れっぽく、ときには犯人のことですらそういった目で見ることもある、妄想で頭がいっぱいになるほどの恋愛体質。

だが根は真面目で正義感も強い。この物語の最大の「良心」かも…。

89代目・賢正(けんせい):ディーン・フジオカ

沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。

「恐れながら・・」と言いつつ、時に推理してみたりするが、沙羅駆はその推理を意地でも認めない。
賢正は「出過ぎた真似を致しました」と謙虚な姿勢を見せるが、物語の助けになることも。

アスリート顔負けの運動能力を持ち、武芸もたしなむ。沙羅駆を守るためなら傷を負うことも構わない、というほどの献身を見せる。

今市 種子(いまいち たねこ):真飛聖

捜査一課の刑事。名前にコンプレックスを持っており、本名を呼ばれると怒る。
子供の頃貧乏だったことから、金持ちのことをよく思っていない部分も。

しかし、沙羅駆の推理をはじめとする能力にはには一目置くように。

足利 尊氏(あしかがたかし):矢野聖人

森本朋美のアシスタント。変態。
歴史上の人物と同姓同名だが、何か関係は…?

88代目・賢丈(けんじょう):寺島進

賢正の父親で、沙羅駆の育ての親。沙羅駆を実の息子のように愛している。

天才ゆえ、いつまでも子どもっぽい沙羅駆を叱ることができる唯一の存在。

棚田 文六(たなだぶんろく):篠井英介

警視総監。法門寺家の護衛係という名目で和藤奏子を沙羅駆につけ、警察の捜査に介入しないように監視させる。
しかし毎回、沙羅駆に事件を解決されてしまい、そのたびに苦虫をかみつぶしたような顔をする。

88代目・賢丈とは、中高大とずっと同級生でライバル。初恋の人を賢丈にとられて以来、それを根に持つ。

森本朋美(もりもと ともみ):中谷美紀

パッと見たところ、地味な法医学専門医・監察医。仕事中にビーカーで味噌汁を飲むなど、少し変わっている一面がある。

法門寺沙羅駆の推理能力に魅了されファンとなる。しかしいくら近づいても冷たくあしらわれるが、それすらも気持ちがいいらしい。

 

織田裕二さんに土屋太鳳さん。さらには中谷美紀さんなど、主役級の出演陣が揃っていますね。

IQ246のロケ地(撮影場所)は浅草?目撃情報紹介!

IQ246の撮影地として、Twitterに浅草で撮影しているなど、いくつか目撃情報があるようです。


こちらは浅草橋駅付近にある柳橋です。

西川口でも撮影していたようですね。

本ドラマが北鎌倉を舞台としているので、やはりその近郊で撮影しているのかと思われます。

IQ246の撮影エキストラ募集中!場所は?

現在、IQ246の撮影エキストラを募集しているようです。

場所は千葉県・幕張で、10月1日に撮影だとか。

興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

詳しい情報はコチラに書いてありますので、ご応募の際は確認してみてください。

ドラマ「IQ246」の撮影エキストラ募集サイトはコチラ。

ドラマ主題歌は?

ドラマ主題歌は現在公開されていませんが、ドラマの雰囲気に合ったような曲だと考えられますね。


コチラは宣伝の映像ですが、かっちりとしたお洒落な雰囲気ですので、そういった曲調になるのではないでしょうか。

詳しいことが分かり次第、またお伝えします。

まとめ

今回はドラマ「IQ246」のあらすじやキャストなどについて紹介しました。

IQ246は、2016年10月より、TBS系列で放送されます。

時間は日曜日の夜21時と、テレビ番組の激戦区ですが、かなりの視聴率を記録できそうですね。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です