藤嶋健人の好き嫌い分かれるフォームで繰り出される最速は?父や母はどんな人?

甲子園では、実力でスターになる選手もいれば、実力だけでなく特徴や仕草も込みでスターになる選手もいます。

「ハンカチ王子」というニックネームでブームを巻き起こした現日本ハムファイターズ・斎藤佑樹選手や、

勝利目前の瞬間、味方のエラーで天国から地獄を味わった、「島根のジャイアン」こと現横浜ベイスターズ白根尚貴選手。

今年もそんな、実力と特徴を兼ね備えた甲子園のスターが誕生しそうです。

スポンサードリンク

藤嶋健人の好き嫌い別れるピッチングフォーム

東邦高校 藤嶋健人 甲子園注目

藤嶋健人選手とは、愛知県の東邦高校のエースです。

高校2年生の秋の明治神宮大会では、ノーヒットノーランに2打席連続ホームランと、投打で大暴れしました。

そんな彼の1番の魅力は、体からも口からも溢れる闘志と投球フォームです。

「絶対に打ち取ってみせる」という雰囲気を出す投手はたくさんいますが、それが雄叫びとなって出る投手はなかなか見かけません。

現ヤンキースの田中将大投手もかなり闘志を見せるアツい選手でしたが、この藤嶋健人投手はさらにアツく、ピンチになったとき、毎球雄叫びを上げます。(笑)

好き嫌いが分かれますが、若さが前面に出ていて好きな人にはたまらないですね。

反対に嫌いな人にとっては、すこししつこいと思ってしまうんでしょうか。

私はこういう心でもぶつかるようなフォームが好きです。プロ野球ならともかく、高校生の大会ですからね。

ストレート最速は?球種は?

藤嶋健人 甲子園 2016
引用:http://fanblogs.jp/databank5934/archive/70/0

藤嶋健人選手のストレートは最速146km/hと、かなり早いストレートを持っています。

変化球は、スライダー・カットボール・カーブ・スプリットを自在に投げ分けます。

夏予選の結果は34イニングを投げて、

  • 被安打19
  • 奪三振34
  • 四死球9
  • 失点2
  •  

  • 防御率0.53

と、圧倒的成績を残して勝ち上がってきました。

しかし、藤嶋健人選手の凄いところは、投手にもかかわらずホームランを通算48本打っているところです。

県大会では、手首の怪我の影響で本調子ではなかったようですが、甲子園ではバッティングにも期待がかかります。

父や母はどんな人?

これほどまでにアツい選手なのですから、何かきっかけがあってこのようなスタイルになったのでしょうか。

調べてみたところ、お父様やお母様がどのような方なのかは出てきませんでした。ただ、お父様もお母様も野球がとても好きなようで、家族で試合を見に行くこともあるそうですよ。

ちなみに、お兄様がいるようで、お兄様も同じ東邦高校の野球部で、その縁で弟の藤嶋健人選手に東邦高校を勧めたようです。

まとめ

今回は、東邦高校のエース・藤嶋健人選手を紹介しました。

なんとなくですが、この選手はハンカチ王子に負けないスターの予感がします。

ぜひ藤嶋健人選手には、最後まで「熱男」のままぶつかっていってほしいですね。

スポンサードリンク
                          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です