ソニーウォークマンWM1の値段は38万?発売日と機能スペックも調査!

ソニー・ウォークマンWM1 スペック 値段

携帯音楽プレイヤーで1、2を争うほどの人気機種「ソニー・ウォークマン」の新型が発売されることが決定しました。

その名前は「ソニー・ウォークマンWM1」という機種で、値段はなんと38万円もするそうですね。

携帯音楽プレイヤーで40万円近くもするということで、いったいどんな機能がついているのかと話題になっています。

そこで今回は「ソニー・ウォークマンWM1」のスペックや機能、さらには発売日についても調べてみました。

スポンサードリンク

ソニー・ウォークマンWM1の価格は?

先にもちらっと触れましたが、「ソニー・ウォークマンWM1」は日本円で38万円もするそうです。

テレビなどに取りつけるスピーカーなど、据え置きの機種が40万円ならまだわかりますが、携帯音楽プレイヤーが40万円ってちょっと信じられないですよね。

ハイスペックなのはもちろんのこと、これだけの高値段には「1個1個手作り」と言う理由も関わっているようです。

大々的に何百何千万台も売るような機種ではなく、少量生産で、音質にこだわる方へ向けての商品のために妥協せず作り上げているとか。

確かに、据え置きのスピーカーと手持ちのウォークマンやiPodを比べると全く音が違いますからね。

外出しながら高音質で音楽を聴きたいという方にはもってこいなのかもしれません。

ここで気になるのは、それほどの値段で音質にこだわるんだから、スペックはいかがなものか気になりますよね。

「ソニー・ウォークマンWM1」のスペックや機能は?

まず「ソニー・ウォークマンWM1」のいちばんの特徴としてハイレゾ対応が挙げられます。

ハイレゾ(Hi-Res):音の太さ・繊細さ・奥行き・圧力・表現力を克明に感じ取れる音源。CDの約7倍の音の情報量を持つ。

この機能により、高い音質で音楽を聴くことができます。

他にも、3.5mmプラグのほかに4.4mmバランスプラグの2つのプラグが装備されています。

4.4㎜バランスプラグ:新しく制定された高品質で高耐久性を可能にしたバランス接続用プラグ

これにより、新規格のイヤホンやヘッドホンをよりベストな状態で使用することができます。

他にも、S-Master HX(ハイレゾ対応の音声処理機能、ノイズを抑え、元の音を忠実に聴かせる)や、DC Phase Linearizer(アナログアンプ独特の低音表現を可能にした補正機能)、

さらには、音質のためにボディにこだわり、無酸素銅とよばれる信号を伝えやすい材質で作られています。

要するに、高い音質のために最新技術の粋を極めた機種ってことですね。

これほどまでの「ソニー・ウォークマンWM1」ですが、いつ発売されるのでしょうか。

「ソニー・ウォークマンWM1」の発売日はいつ?

「ソニー・ウォークマンWM1」の発売日ですが、2016年10月にヨーロッパで先行発売されます。

ヨーロッパはヘッドホンなどの市場シェアが高いため、先行販売し評価を確かめる目的があるようですね。

音に詳しいヨーロッパの方が太鼓判を押したとなれば、「ソニー・ウォークマンWM1」のブランド力もより確固なものになりますので、それを狙っているのではないでしょうか。

日本での発売日はまだ決まっておらず、先行発売から半年後の来春~夏くらいに発売されるかと。

少量販売ということもあってネット販売もなさそうですから、発売日に欲しい方は現状ヨーロッパで購入するしかなさそうです。

まとめ

今回、携帯音楽プレイヤーとして超高価な「ソニー・ウォークマンWM1」について紹介しました。

40万円というさすがのお値段だけあって、それに見合った最先端のスペックで作られているようですね。

これからヨーロッパで発売されるので、どれほどの高音質で音楽を聞かせてくれるのか、その評判を聞いてみたいものですね。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です