クラウドファンディング投資の始め方、お勧めの運用会社は?

利回りが高く、価格変動リスクが少ない代わりに換金性が低く、元本保証がないクラウドファンディング投資商品ですが、まずは運用会社に口座を作成する必要があります。

スポンサードリンク

いくらから投資できるの?

最低投資単位は会社によって様々ですが、1万円から投資可能なファンドもあります。多くのファンドは10万円以下が最低投資単位となっていますので手軽に始められます。

口座開設に必要なもの

口座を開設する際には身分証明証の提示、本人確認が必要です。これは金融商品取引法で定められていますので手続きに従ってください。
審査も含めて数日~2週間程度で口座開設手続きは完了します。

口座開設ができたら取引開始

口座開設が終了したら投資資金を入金し、投資ファンドに投資を行います。
様々な投資商品がありますので、しっかりと注意事項を読んで投資することになります。

お勧めの運用会社について

新興国へのクラウドファンド投資ならクラウドクレジット株式会社がお勧めです。以下のようにとても魅力的な会社です。
新興国投資は期待利回りは高いですが、その分デフォルトリスクが高いのも事実です。ただし株やFXよりは低リスクですので、ミドルリスクミドルリターンの投資と言えます。



・国内クラウドファンディングの中でも最高峰級の高い期待利回り
・海外に特化しておりラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能
・1万円から投資可能
・国内で唯一、総合商社(伊藤忠商事)が株主

不動産関連ならロードスターキャピタル株式会社が運営するOwnersBookです。不動産に投資しているため、利回りは低いですが収益は安定しています。



・不動産の自己運用・仲介・コンサルティング等を行っているロードスターキャピタル株式会社が運営
・1万円から投資可能
・利回り(年換算)は5%~6%が中心。
・投資案件は全て不動産のプロが厳選した不動産担保付。
・利回り(年換算)は5%~6%が中心。
・サービス開始より全ての案件で満額成立、かつ、貸し倒れは1件もなし(2017年6月30日現在)。
・口座開設・維持手数料は無料。

最後に

いかがでしたか、リスクはありますが十分魅力的なクラウドファンディング投資。内容を理解して初めてみてはいかがでしょうか。
ただし投資はリスクがつきものです。最後は自己責任で、あくまで冷静に望みましょう。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です