動きたくないあなたオススメの低インシュリンダイエット!

「ダイエットしなきゃ…」
皆さんの口癖になっていませんか?
食べ物が十分に食べられなかった時代では考えられもしなかったダイエットですが、現在ではいろいろな方法が毎日生まれるほど当たり前のものとなっています。

おそらくそれは太っているよりも痩せている方が、可愛い、カッコいいという認識を持つ人が多いからですよね。
太るのは簡単ですが、痩せるのはなかなか難しいものです。
ですので、今回はいろいろなダイエットに挑戦して失敗してきた意思の弱い方でも簡単に出来る低インシュリンダイエットについて話をしていこうと思いますよ!

スポンサードリンク

低インシュリンダイエットのメリットは?

ダイエットと聞くと、激しい運動や限定的な食事制限など我慢の連続なイメージをすると思いますが、低インシュリンダイエットは違います。
肥満を促す原因であるインシュリンというホルモンには、脂肪を合成したり、糖をエネルギーに変えて余った糖を脂肪に変えるという効果があります。
ですので、このインシュリンを発生させる糖分と炭水化物以外はほとんど食べても大丈夫というところが一番のメリットと言えますね!

低GI食品について

GI値とは簡単に説明すると、血糖値の上昇率を数値化したものとなります。
つまり、この数値が低いもの…いわゆる「低GI」の食品なら何でも食べて良いということになります!

普通のダイエットでは絶対に皆さんが口にしたくない炒め物も、見た目がすごくこってりとしている中華料理も、サラダにかけるドレッシングも気にせずに食べることが出来るので、精神的にも負荷がかかりにくく、しっかり継続できることから徐々に体重を落とすことが出来るというわけですね。

注意点は?

カロリーが高いお肉などでももちろん、GI値が低いので食べることが出来ます。
しかし、お肉などのご飯に合いそうなものを食べることで炭水化物を食べたい…という欲が出てしまいます。
これだけは、しっかりと我慢しましょう。
特にお肉とご飯は一緒に摂取すると脂肪がすぐに溜まることで有名です。
他のものを食べていいことになっているので、我慢すべきところはしっかり我慢することが重要と言えますね。

最後に

低インシュリンダイエットは他のダイエットのように窮屈な食事制限をするわけではないので、リバウンドの心配はほとんど無いと言われています。
また、栄養が偏らずにしっかりと食べながらダイエット出来る事から意思が弱い人にはかなりオススメのダイエット方法となっていますよ!
しっかりとGI値を見て低いものだけを選んでいれば外食や飲酒さえも許される低GIダイエット…。
守るべきところはしっかりと守って、ゆっくりと我慢をしないダイエットをしてみてはいかがでしょうか!

広告

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です