三代目JSBのMVはBIGBANGのパクリか動画で比較!演出者や製作者も気になる!

三代目 J Soul Brothersの新曲「Welcome to TOKYO」のミュージックビデオに、パクリ疑惑が持ち上がっているようです。

現在LDHのレコード大賞買収問題などで話題になているさなかに今度はPVのパクリ疑惑・・・
Youtubeに公開されたPVのコメント欄は大荒れになっているとのことです。

今回は三代目JSBのMVはBIGBANGのパクリか動画で比較!演出者や製作者も気になる!といことで調べていきたいと思います。

三代目JSBのMVはBIGBANGのパクリか動画で比較!

こちらがそのPVです。

どうでしょうか?
全体の色味や雰囲気はや炎を使った演出やダンサーが立っている演出や、車の上で踊るシーン、メンバーの周囲で女性たちが踊るシーンなど、似ている演出は確かに多いような気がしますよね。
しかし三代目のPVは元からこのような演出が多かった気がするような気もします。

ただ今回はちょっと演出がかぶりすぎているというのもあるのでしょう。

最近の三代目はK-POPより?

最近の三代目はデビュー当時に比べると、曲調や方向性はかなり変わってきているように思われます。
これはファンの間でも言われているようで、このことに関しては賛否両論あるよです。

演出者や製作者も気になる!

演出者や製作者は今のところ分かりませんが、三代目JSBとBIGBANGの製作者が同じなら、似ているのもしょうがないかもしれませんが、その可能性は少なそうです。
基本的にPVはBIGBANGは韓国の製作者が担当していて、三代目JSBは日本人が担当しているようです。

デビュー当時の印象としてはやはり歌唱力重視の、エグザイルの王道パターンとでもいうべき感じでしょうか?
たしかに現在はK-POPのようなダンスミュージックやクラブミュージックような曲が多くなってきたように感じまよね。

これはもしかしたらエグザイルとの差別化なのかもしれませんが、これが逆にオリジナリティのなさやパクリ疑惑につながってしまったのではないでしょうか?

[sp-mieru]

スポンサードリンク





[/sp-mieru]

BIGBANGから訴えられる可能性は?

この件に関してはBIGBANGのファンなどから「さすがにパクリすぎ」「オリジナリティがない」などとお怒りの声が上がってきているようです。

もしかしたらこのことをBIGBANG側サイドが知りもしパクリと判断すれば、著作権侵害として訴えを起こす可能性はありえなくはない話です。

曲調の変化はメンバーの不調が原因?

ボーカルの今市隆二さんはファン以外の方が見てもわかるほど、声が出ていない状態でかなり辛そうなようです。
2014年頃から調子が悪くなり、現在の2016年でも調子はあまりよくないとのことです。

特に高音部などはかなりつらいようで、ファンからは心配の声が上がっています。

エグザイルや三代目はやはり一番の魅力は歌唱力の高さではないでしょうか?
しかし、超多忙なスケジュールで、休む暇もなく回復していないようです。

そんな今市隆二さんさんの為にできるだけ歌いやすいようにと最近では楽曲が作られているのではという声も!
確かにデビュー当時の楽曲に比べると高音部は少し少なくなったような気がしますよね。

それを考えるとこの噂の可能性は十分にあるのかもしれません。

他にもあった似ているMV

今回の件に関して調べていくと過去にも3代目は似ているMVがあったようです。
それがこちら

最初の方のMVの冒頭部分が似ているとファンの間では言われているそうです。
そしてこのグループも韓国のグループになります。

確かにニュアンス的なものは似ている感じがしますよね。
またそのほかにも三代目のメンバーがBIGBANGの服装や髪形を真似して炎上などもしていたそうです。
きっと三代目はBIGBANGをリスペクトしているのでしょう。

そもそもK-popは洋楽のパクリ?

そもそも韓国の音楽市場は小さいので自国の市場だけではやっていけないそうです。
そのためk-popは洋楽をイメージした楽曲が多いようです。
しかし日本は自国の大きな音楽市場があるので、日本で受けるものを作れば問題ありません。

ですが最近三代目は洋楽のような曲調の音楽制作をしています。
なのでKPOPのパクリなのではないかと騒がれるわけです。

BIGBANGの曲調などもR&Bや最近ではEDMなど元々は洋楽が原点ですよね。
もし三代目がBIGBANGのパクリならば、パクリのパクリということになるのかもしれません・・・

今回三代目には非はない?

今回似ていると話題になっているのは、MVの映像ですよね。
この映像が似ているというのであれば、問題になるのは製作者ではないのか?と私は個人的に思います。

本人たちが制作の企画に関わっていなければの話ですが、ちょっとこれに関してはメディア側の悪さも少し感じられますよね。
LDHの次は三代目といった流れで、タイミングもかなり悪かったですよね。

まとめ

どうだったでしょうか?

今回のパクリ疑惑の問題、これだけの曲がある中で少し似てしまうのはしょうがないとは思いますが、今回はMVが全体的に似ているということで話題になっていました。
ファンの間ではかなり前から、言われていたようですが、やはりこれだけ騒がれてしまうと、逆にBIGBANGを意識してしまいそうですよね。

似せないためにと本来の楽曲を作れなくなったりということがなければいいのですが、これからの活動に期待ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です