レコード大賞2016は放送中止か延期?打ち切りの真相は買収騒動か調査!

LDHのHIROさんが1億800万でレコード大賞を買収したとのニュースが話題になっています。
それと同時にネットでは今年のレコードは放送中止か延期などの噂が・・・

そこで今回はレコード大賞2016は放送中止か延期?打ち切りの真相は買収騒動かということで調査していきたいと思います。

打ち切りの真相は買収騒動か調査!

週刊文集のよって暴露された驚くべき買収騒動。
エグザイルや三代目、e-garlsなど多くの人気グループを持つHIROさんが社長を務めるLDHが1億800万でレコード大賞を買収したという記事。

決定的な証拠画像も流出いしていて逃げることができない状況ですよね。
今回この件ではこのLDH側が主に話題に上がっていますが、レコード大賞側も危機的状況になっています。

証拠画像はこちらから

それはこの件が本当ならばレコード大賞側も買収に応じたという事実が浮き上がってしまうからです。
これまでも、レコード大賞の売春は疑われていたようで、去年もAKB48は約180万枚を売り上げWミリオンを達成していたのに対し、三代目JSBは約20万枚だったそうです。
それでも去年の受賞も三代目でした。

しかしこれまで決定的な証拠がなどはなく、問題になることはありませんでした。
しかし今回は逃げることのできない証拠がということで、LDHやレコード会社側の対応が気になるところです。
[sp-mieru]


スポンサードリンク





[/sp-mieru]

レコード大賞2016は放送中止か延期

今回の一件が認められれば、レコード大賞側も何もなしではすまないでしょう。
これまでの大賞はすべて出来レースだったと言われてもしょうがないですからね。

そうなってしまえばこの番組自体の意味がなくなってしまいますよね。
いまのまま放送しても、視聴者の方はみんな出来レースと思って見てしまいますからね。

現在、この売春については両社からコメントなどはないので真相はわかりませんが、近いうちに発表があるかもしれません。
なにか情報が入りましたらまた追記していきます。

株式会社LDHと取引のあったバーニングプロダクションとは?

株式会社LDHと取引のあったバーニングプロダクションは、郷ひろみや小泉今日子らが所属する業界最大手の芸能事務所です。
このバーニングプロダクションの周防郁雄社長は「芸能界のドン」として知られ、周防氏の意向がレコード大賞を大きく左右すると言われています。

そしてLDHは周防の息子が社長を務める子会社「バーニングパブリッシャーズ」に、EXILEや三代目の多くの楽曲の著作権の一部を譲渡しているというつながりがあるようです。
なので3代目やエグザイルが儲かれば、必然的にバーニングも儲かるということのようですね。

まとめ

今回のこの事実が本当ならば非常にショックなニュースですよね。

できれば否定してもらいたいところですが、証拠画像もありますし、現時点で否定しないということは・・・
またHIROさんの辞任もありこの件の信憑性が高くなってしまいっています。

ファンの事なども考えていち早く真相を明らかにしてほしいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です